GJ > 競馬ニュース > 【高松宮記念】トウシンマカオ&ビッグシーザー「絶滅寸前」の超特急サクラバクシンオーの血に巡ってきたチャンス。雨予報は因果か、それとも
NEW

【高松宮記念】トウシンマカオ&ビッグシーザー「絶滅寸前」超特急サクラバクシンオーの血に巡ってきたチャンス。雨予報は因果か、それとも

【この記事のキーワード】, ,

【高松宮記念】トウシンマカオ&ビッグシーザー「絶滅寸前」超特急サクラバクシンオーの血に巡ってきたチャンス。雨予報は因果か、それともの画像1

14年前、雨に泣いたショウナンカンプの仔

「こういう馬場はかわいそうでした」

 スプリント王決定戦・高松宮記念(G1)を3週後に控えた2010年のオーシャンS(G3)。1番人気に推されたショウナンカンプの仔ショウナンカザンは、15着グランプリエンゼルから遅れること10馬身差の最下位に敗れた。

 未勝利を脱出するのに10戦を要したショウナンカザンだったが、遅咲きの多いプリンスリーギフト系らしく、徐々にそのスピードが開花。コツコツと自己条件を勝ち上がると、スワンS(G2)4着、阪神C(G2)5着を経て、シルクロードS(G3)2着とついに重賞で連対を果たした。

 迎えたオーシャンS(G3)は、そんなショウナンカザンにとって、またとない重賞制覇のチャンスだった。サクラユタカオー、サクラバクシンオー、ショウナンカンプと日本競馬が培ってきたスピード血統の申し子が、ここで重賞を勝利してG1制覇、そして種牡馬になってその血を紡いでいく――。

 そんなロマン派の応援もあったのか、ショウナンカザンは重賞連勝中だったキンシャサノキセキを抑えて1番人気に支持された。

 しかし、先述した通りショウナンカザンは、まったく本来の力を出せないまま16着の最下位に沈んでいる。生憎の雨に脚を取られ、これには名手・藤田伸二騎手も「ハミが掛かろうというところでノメってしまって……」と手の施しようがなかった。

 類稀なるスピードを誇るプリンスリーギフト系だったが、最大の弱点が「雨」だったのだ。

 これでリズムを崩したのか、ショウナンカザンは続く高松宮記念でも16着に大敗。結局7歳まで走り続けたが、種牡馬入りどころか、重賞さえ勝てずに引退してしまった。

 また、ショウナンカザンの父ショウナンカンプもその後G1連対馬を輩出したものの、これといった後継種牡馬を残すことができずに種牡馬を引退している。

ショウナンカンプに替わってビッグアーサーが台頭

 ショウナンカザンのオーシャンSから6年後、高松宮記念を制したサクラバクシンオー産駒のビッグアーサーが種牡馬入りし、その血は辛くも紡がれることとなった。プリンスリーギフト系はもう世界規模でも絶滅寸前であり、日本はその貴重な血がつながる数少ない国として知られている。

 そんな中、今週末の高松宮記念はプリンスリーギフトの血を引く一族からすれば「大一番」と言っても過言ではないだろう。ビッグアーサーから非凡なスピードを受け継いだトウシンマカオとビッグシーザーは、十分にこのレースを勝てるだけの実力馬だからだ。

 ちなみに親子4代でJRAのG1に勝利した例はグラスワンダー、スクリーンヒーロー、モーリス、その産駒となるピクシーナイト、ジェラルディーナ、ジャックドールしかいない。

 果たしてサクラユタカオー、サクラバクシンオー、ビッグアーサーのサイアーラインを継ぐトウシンマカオとビッグシーザーは、高松宮記念を勝利して、プリンスリーギフトの血をさらに後世に残せるだろうか。

 何の因果か、今週末は雨予報。できる限り、良い馬場コンディションでレースが行われることを祈るばかりだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【高松宮記念】トウシンマカオ&ビッグシーザー「絶滅寸前」超特急サクラバクシンオーの血に巡ってきたチャンス。雨予報は因果か、それとものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配