GJ > 競馬ニュース > 【高松宮記念】ママコチャ、トウシンマカオ、ウインマーベルはまとめて消し?昨年の優勝馬ファストフォース基準で買うべき穴馬とは
NEW

【高松宮記念】ママコチャ、トウシンマカオ、ウインマーベルはまとめて消し?昨年の優勝馬ファストフォース基準で買うべき穴馬とは

【この記事のキーワード】, ,
【高松宮記念】ママコチャ、トウシンマカオ、ウインマーベルはまとめて消し?昨年の優勝馬ファストフォース基準で買うべき穴馬とはの画像1
オーシャンSを制したトウシンマカオは鞍上ルメールで人気を集めるが…

■春のG1シーズン突入へ!

 いよいよ春のG1シリーズが本格的に開幕する。今週末は日本中央競馬会(JRA)の短距離王者を決める高松宮記念(G1)が行われ、来週末には大阪杯(G1)、さらに桜花賞(G1)、皐月賞(G1)と大一番が続いていく。このG1シーズンを馬券で勝ち抜くためには何が必要か、そろそろ真剣に考える時期が来たのではなかろうか。

 特に高松宮記念は毎年のように超人気薄の穴馬が激走し、高額万馬券が続出する難解なレース。昨年も12番人気ファストフォースが勝利し大波乱となった。ならば今年もファストフォースのような穴馬を発掘することができれば、ライバルを出し抜いて一攫千金を狙えるのではないか。

 ならば、ここは競馬情報のプロから、高松宮記念で買うべき穴馬を聞き出すのが得策。そこで浮上するのが、競馬関係者によって運営されている本物の競馬関係者集団「マスターズ」だ。なぜなら、彼らは昨年の高松宮記念(G1)において12番人気で勝利したファストフォースの激走情報を事前に把握し、馬連7920円の好配当を的中させているのだ。多くのマスコミが見向きもせず、まったくのノーマーク状態だったファストフォースの激走を見抜ける情報力。これこそがすべての競馬ファンが高松宮記念で必要としているものといえるのではないか。

 そして今年の高松宮記念の全出走馬の馬主情報、調教師情報、騎手情報に関しても、すべての情報を把握済みとのこと。競馬界における三大情報と呼ばれる【馬主・調教師・騎手】の情報を押さえておけば、この高松宮記念の全貌を把握しているのは当然。つまりここで買うべき穴馬もしっかり把握しているに違いない。

【高松宮記念】ママコチャ、トウシンマカオ、ウインマーベルはまとめて消し?昨年の優勝馬ファストフォース基準で買うべき穴馬とはの画像2
競馬界の三大情報に絶大な自信を持つマスターズ

 マスターズによれば、すでにマスコミがノーマーク状態の意外な格下馬の激走情報をキャッチしているとのこと。それは昨年12番人気でアッと驚く勝利を決めたファストフォース級の穴馬であり、当然のことながらかなりの高配当が見込める存在。思い起こせば昨年のファストフォースは、ほとんどのマスコミが無印扱いの穴馬であった。ということは、マスターズが把握するファストフォース級の穴馬は、今年もマスコミにとって盲点となる可能性が高い。

 今年の高松宮記念は昨年のスプリンターズS(G1)を制したママコチャ、前哨戦の阪急杯(G3)を勝ったウインマーベル、オーシャンS(G3)を勝利したトウシンマカオらが中心も、ソーダズリング、メイケイエール、ナムラクレア、マッドクール、ルガル、ビッグシーザー、シャンパンカラーなど多数の伏兵が出走を予定。さらに香港からビクターザウィナーも参戦して注目度は高い。だがどの馬も決定打に欠け混戦模様といっていい。

 また驚くべきことに、マスコミが推す有力馬の中には“1円も馬券を買う必要がない”と断言できる決定的な情報があるようで、もしかしたら上位人気が確実のママコチャ、トウシンマカオ、ウインマーベルはまとめて消しとなる衝撃的な結論になるかもしれない。もしそうなれば、今年も高松宮記念は誰もが驚く結末となるだろう。

【高松宮記念】ママコチャ、トウシンマカオ、ウインマーベルはまとめて消し?昨年の優勝馬ファストフォース基準で買うべき穴馬とはの画像3
小倉の勝負レースでは払戻55万円獲得の快挙!(画像はファンからの提供)

 マスターズは実際に競馬界で活躍した調教師や騎手、そして今も多大な影響を与える大物馬主達によって運営され、競馬ファンにマスコミでは入手できない本物の情報を提供している。その情報力は昨年の高松宮記念で立証済み。そんな実力と実績を持つマスターズの情報が高松宮記念においてどれほどの価値があるか、もはや疑う余地はないだろう。そして重要なのは、マスターズがこの高松宮記念で入手した昨年のファストフォース基準と同レベルにある穴馬を含む【馬連3点】の勝負情報を、特別に無料で公開すると決定したことだ。このチャンスをモノにすれば、今週末の高松宮記念は貰ったも同然だ。

 今後も難解なレースが続く春のG1シーズンに向けて、マスターズは最強のパートナーとなるに違いない。その第一歩として、この高松宮記念はマスターズの実力を測る絶好の機会といえるだろう。

CLICK→特別無料公開!【高松宮記念の「馬連3点勝負買い目!」】マスターズ

※本稿はPR記事です。

【高松宮記念】ママコチャ、トウシンマカオ、ウインマーベルはまとめて消し?昨年の優勝馬ファストフォース基準で買うべき穴馬とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感