GJ > 競馬ニュース > 【大阪杯】エフフォーリア、タイトルホルダー引退でも最強世代に存在感!1週前追い切りから豪快リハ…酒井学ステラヴェローチェに絶好チャンス
NEW

【大阪杯】エフフォーリア、タイトルホルダー引退でも最強世代に存在感!1週前追い切りから豪快リハ…酒井学ステラヴェローチェに絶好チャンス

【この記事のキーワード】, ,
【大阪杯】エフフォーリア、タイトルホルダー引退でも最強世代に存在感!1週前追い切りから豪快リハ…酒井学ステラヴェローチェに絶好チャンスの画像1
撮影:Ruriko.I

 31日、日曜阪神のメインレースは大阪杯(G1)。前日夜にドバイワールドカップデーがあるため、国内のメンバーは手薄な状況だ。

 2017年からG1に昇格した本レースだが、初年度優勝のキタサンブラック以外は少々物足りなさを感じる顔触れ。昨年の皐月賞馬ソールオリエンス、ダービー馬タスティエーラが人気を集めそうだが、重賞レースで年長馬に分が悪い4歳世代のレベルは疑問符が付く。配当的な妙味を考慮すると、他世代の実績馬を狙い撃ってみるのも面白そうである。

 5歳世代については世界最強馬イクイノックス、ドバイターフ(G1)に出走予定のドウデュースがいるものの前者は既に引退した。後者は出走しないため、G1馬はジオグリフと牝馬のスタニングローズにキラーアビリティの3頭。他にも勢いのある伏兵陣もおり、層の厚さなら一番かもしれない。

近年最強クラスの層の厚さを誇る6歳世代に注目

【大阪杯】エフフォーリア、タイトルホルダー引退でも最強世代に存在感!1週前追い切りから豪快リハ…酒井学ステラヴェローチェに絶好チャンスの画像2
ステラヴェローチェ 撮影:Ruriko.I

 しかし、それらを差し置いてでも注目したいのはステラヴェローチェ(牡6、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 エフフォーリア、シャフリヤール、タイトルホルダーを輩出した6歳世代は、古馬を迎えたG1戦線でも存在感は抜群である。その他にもソングライン、レモンポップ、ジャックドール、シュネルマイスターなど枚挙にいとまがない。突然のスランプに襲われたエフフォーリアの早期離脱には驚かされたが、近年でも屈指のハイレベルといえるだろう。

 また、脚元の不安で長らく戦列を離れていたステラヴェローチェだが、実力馬の多かった6歳世代のクラシックを皆勤(皐月賞3着、日本ダービー3着、菊花賞4着)した実績は光る。復帰戦となった昨年10月の富士S(G2)で7着、2戦目の武蔵野S(G3)を16着に敗れたものの、叩き3戦目の大阪城S(L)で久々の勝利を挙げた。

 特筆すべきは大阪杯の1週前追い切りで披露した圧巻のパフォーマンスだ。栗東のCWで6F78秒5-ラスト11秒3の猛時計をマーク。これだけでも最終追い切りに匹敵するタイムだが、27日の追い切りでも不良で時計を要した栗東の坂路を4F55秒2-12秒3で軽快に駆け上がった。既に臨戦態勢は整ったと見ていいはずだ。

 前走に続いて手綱を取る酒井学騎手にとっても、14年の菊花賞(G1)をトーホウジャッカルで制して以来、約9年半ぶりのG1勝利を狙える絶好のチャンス。ジャスタウェイ、ゴールドシップ、ソダシといった超一流馬を育てた名伯楽の須貝調教師の絶妙な仕上げにも期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【大阪杯】エフフォーリア、タイトルホルダー引退でも最強世代に存在感!1週前追い切りから豪快リハ…酒井学ステラヴェローチェに絶好チャンスのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配