GJ > 競馬ニュース > 【阪神牝馬S(G2)予想】マスクトディーヴァは「ナシ」と見て切り!距離適性とローテーションから見つけた3連複1点で勝負!
NEW

【阪神牝馬S(G2)予想】マスクトディーヴァは「ナシ」と見て切り!距離適性とローテーションから見つけた3連複1点で勝負!

【この記事のキーワード】, ,

【阪神牝馬S(G2)予想】マスクトディーヴァは「ナシ」と見て切り!距離適性とローテーションから見つけた3連複1点で勝負!の画像1

 今回はヴィクトリアマイル(G1)に向けた、重要な前哨戦となる牝馬限定のマイル重賞、阪神牝馬S(G2)を予想していく。

 先週の振り返り。まず、ダービー卿チャレンジT(G3)だが、「○」アスクコンナモンダが3着、「▲」パラレルヴィジョンが勝利したまでは良かったが、2着は伏兵のエエヤン。昨年春のニュージーランドT(G2)の後は、勝ち星どころか掲示板すらなかっただけに、まさかここで先手を取って粘りきるとは思わなかった。馬場状態も若干影響したかも知れない。

 そして肝心の大阪杯(G1)。「△」ベラジオオペラが勝ったはいいが、2着は馬の実力に疑問を抱いていたローシャムパーク、3着は完全ノーマークのルージュエヴァイユでお手上げ。これではどうしようもない。

 予想に戻ろう。

 いつものように過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていくことにしよう。

京都牝馬S 10頭
愛知杯 4頭
有馬記念、東京新聞杯、初音S(3勝クラス) 各2頭
ジャパンC、京都金杯、中山牝馬S 各1頭
リステッド 1頭
オープン特別 2頭
条件特別(3勝クラス) 4頭

 となっている。

 数少ない牝馬限定戦を順当に使いましたというのが上記の結果だろう。京都牝馬S(G3)だとちょうどいい間隔で使えるのがポイントだろうか。有馬記念(G1)やジャパンC(G1)のような大レースからの転戦もあるにはあるが、重賞を順当に使ってきた組の方に分があるようだ。また、G2戦の割に前走条件戦からでも通用しているので、レースの格より内容重視といったところか。

 続いて人気順の成績を見ていく。

1番人気 3-2-1-4
2番人気 2-1-1-6
3番人気 0-2-1-7
4~6番人気 4-1-2-23
7~9番人気 1-1-4-24
10番人気以下 0-3-1-43

 となっている。

 1番人気はそこそこの数字だが、2番人気と3番人気が振るわない。ただ、近5年に絞ると2番人気が3頭、1番人気は2頭と逆転している。それもそのはず、近5年で言えば、8番人気以下の穴馬が大健闘しているからだ。その数7頭、うち3頭は10番人気以下。数字では中穴が順当に好走しているように見えるが、狙うべきは上位人気と人気薄なのかもしれない。

【阪神牝馬S(G2)予想】マスクトディーヴァは「ナシ」と見て切り!距離適性とローテーションから見つけた3連複1点で勝負!の画像2
ドゥアイズ 撮影:Ruriko.I

 これを踏まえて「◎」は7番ドゥアイズとする。

 昨年の牝馬三冠ロードでは桜花賞(G1)5着が目立つ程度に終わってしまったが、2歳から3歳春までは札幌2歳S(G3)、クイーンC(G3)2着、阪神ジュベナイルF(G1)3着など華々しい活躍を見せていた馬。

 三冠でパッとしなかった鬱憤を晴らしたのか、続くリステッド2戦を2着、1着と好走し、すっかり調子を取り戻していると考えられる。戦績を見る限り、マイルから1800mに良績が集中しているので、オークス(G1)や秋華賞(G1)は距離が長かったのだろう。

 今回もマイル戦。1分32秒台の好時計を持っているほか、2走前では上がりも33.1秒と鬼脚を披露している。強いて懸念を言えば、ここまで良績が残っているのは54kgの斤量まで。今回は55kgということで、三冠レースと同じ斤量になる。桜花賞5着があるので、大凡走はないと思うが、この1kg増がどう出るか。

「○」は11番ライラックを挙げる。

 昨秋は府中牝馬S(G2)3着からのスタートで、エリザベス女王杯(G1)も惜しい4着と掲示板は確保。有馬記念はさすがに惨敗したが、これは荷が重すぎたと言えるだろう。

 この馬に関しては「買うと来ない、買わないと来る」馬の1頭で、出てくるたびに取捨に迷わされるのだが、改めて戦績を眺めると勝ち星は1800mとマイル、馬券圏内も2200mまでで、それ以上はあっても掲示板止まりに終わっている。

 有馬記念からの転戦も好走例があり、前走は明らかにレースの格と馬の実力が釣り合っていない。適距離と思われるマイルで、かつ牝馬限定戦となれば出番もあるのではないか。ただ、不安を言えば鉄砲駆けするタイプではなく、3着が2度あるだけで、使われて良くなっていくタイプ。逆に言えば、3着までならあり得ると踏んでの評価である。

「▲」は10番モズゴールドバレルを推す。

 前走で結果が出なかったものの、こちらも戦績を眺めるとどうやら1400mでは少々短いよう。マイルを中心に使われてきただけに、当然マイルに良績が集中しており、前走は少々忙しい競馬になったのかも知れない。それでも0.4秒差8着と大敗しているわけではないので、適距離の重賞であれば一発に期待していいだろう。

 ということで、今回は7番、10番、11番の3頭で3連複1点勝負としたい。

 圧倒的人気が予想される1番マスクトディーヴァであるが、前走の東京新聞杯(G3)が初マイル。出遅れも響いたのだろうが、上がり3ハロンで2位ながら33.2秒の鬼脚を使って追い込んできてはいる。それで6着ということは、やはりこの距離に適性がないと見るのが正解だろう。今回は牝馬限定戦になるが、だからこそ距離適性の差がモロに出る可能性がある。黙って切りとする。

トーラス神田

トーラス神田

オグリ引退の有馬記念をリアルタイムで見ている30年来の競馬好き。ウマ娘キャラがドンピシャの世代。競馬にロマンを求め、良血馬にとことん目がない。おかげで過去散々な目に遭っている。そのくせ馬券は完全データ派。座右の銘は「トリガミでも勝ちは勝ち」。

【阪神牝馬S(G2)予想】マスクトディーヴァは「ナシ」と見て切り!距離適性とローテーションから見つけた3連複1点で勝負!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは