GJ > 競馬ニュース > 【クイーンエリザベス2世C(G1)展望】
NEW

【クイーンエリザベス2世C(G1)展望】「G1・6勝」ロマンチックウォリアーVS「5馬身差圧勝」プログノーシス!ヒシイグアス、ノースブリッジも虎視眈々

川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 28日、香港のシャティン競馬場では『香港チャンピオンズデー』が開催される。1200m、1600m、2000mの各距離でG1が行われるが、ここではメインレースのクイーンエリザベス2世C(G1)を展望していこう。

 芝2000mで争われる一戦は、日本馬が過去6勝を挙げている得意舞台。今年はG1馬こそいないが、3頭の実力派が初のG1タイトル獲得を狙っている。

 日本馬のリーダー格はプログノーシス(牡6歳、栗東・中内田充正厩舎)だろう。

 重賞初制覇が5歳春に出走した昨年の金鯱賞(G2)と出世は遅れたが、QE2世Cで2着の後に札幌記念(G2)で重賞2勝目を飾り、天皇賞・秋(G1)でもイクイノックスの3着と堅実な走りを披露してきた。

 昨年末の香港C(G1)は5着に敗れたが、今年の始動戦となった金鯱賞で連覇。昨年2着のリベンジに向けて態勢は整っている。

 その末脚は現役中距離馬の中でも群を抜いており、これまで国内の全11戦中9戦で上がり最速、残り2戦も同2位をマークしている。前走の金鯱賞では圧巻の走りを披露し、昨年の菊花賞馬ドゥレッツァを相手に直線だけで5馬身ぶっちぎって完勝。鞍上・川田将雅騎手の見事な手綱さばきもあったが、まさに今が充実期といえそうだ。

 過去2戦2敗のロマンチックウォリアーという香港最強馬が立ちはだかるが、何とか一矢報いたいところだろう。

【クイーンエリザベス2世C(G1)展望】「G1・6勝」ロマンチックウォリアーVS「5馬身差圧勝」プログノーシス!ヒシイグアス、ノースブリッジも虎視眈々の画像2
ヒシイグアス 撮影:Ruriko.I

 プログノーシスと同じ重賞3勝を誇り、G1・2着が2回あるヒシイグアス(牡8歳、美浦・堀宣行厩舎)は、ビッグタイトル獲得を見据えて3度目の香港遠征を敢行する。

 中山記念(G2)2勝に加えて、中山金杯(G3)も制している中山巧者のヒシイグアスだが、3度目制覇に挑んだ前走の中山記念は11着に惨敗を喫した。ただし、陣営は道悪を敗因に挙げており、決して力負けだったわけではない。

 実際、昨年末の香港Cでは、日本馬最先着の3着に好走。優勝したロマンチックウォリアーからクビ差の惜敗で、プログノーシスに先着を果たすなど、その実力は健在だ。

 昨年の香港C3着に加えて、2021年の同レースでも2着と、時計を要する洋芝のシャティン競馬場に高い適性を見せており、今回も大いにチャンスはあるだろう。国内外8度目のG1挑戦で悲願を遂げることができるか。

【クイーンエリザベス2世C(G1)展望】「G1・6勝」ロマンチックウォリアーVS「5馬身差圧勝」プログノーシス!ヒシイグアス、ノースブリッジも虎視眈々の画像3
ノースブリッジ 撮影:Ruriko.I

 実績ではプログノーシスとヒシイグアスに及ばないが、立ち回り一つでノースブリッジ(牡6歳、美浦・奥村武厩舎)も上位争いに加わってきそうだ。

 これまで22年エプソムC(G3)と23年アメリカジョッキークラブC(G2)を制しているが、昨年4月以降は大阪杯(G1)8着、オールカマー(G2)7着、そして天皇賞・秋10着と凡走が続いていた。

 そこで陣営は海外に矛先を向け、カタールのアミールT(G3)で今年の初戦を迎えた。同レースでは、久々の2400mで折り合いにやや苦労する場面もあったが、好位のインで何とか我慢。最後の直線でもしぶとく粘って3着争いに持ち込んだ。

 ゴール前で惜しくもサトノグランツに差されて4着に敗れはしたが、初の海外で堂々の戦いぶりを披露。今回は適距離の2000mに戻って上積みも見込めそうだ。さらに週末にかけて現地は傘マークが並んでおり、馬場が悪化するようなら道悪巧者の出番となるかもしれない。

 そんな3頭の日本馬の前に大きな壁として立ちはだかるのが香港の雄、ロマンチックウォリアー(セ6歳、香港・C.シャム厩舎)だ。

 これまでG1を6勝している香港中距離界のエースは、昨年の上半期こそ4戦1勝と本調子ではなかったが、昨年10月以降はG1を3連勝中。本来の豪脚を取り戻して、上半期の大一番を迎える。当レース3連覇、G1・7勝目を挙げて、取り沙汰されている安田記念(G1)参戦を果たすことになるのか、その走りに注目だ。

 この他には、昨年の当レース3着馬で、前走のマグノリアS(L)で約1年ぶりの勝利を挙げたドバイオナー(セ6歳、英・W.ハガス厩舎)、昨年9月から3連勝中で前走の香港ダービー(L)を制して勢いに乗るマッシヴソヴリン(セ4歳、香港・C.イプ厩舎)の2頭も日本馬3頭のライバルとして警戒が必要だろう。

 ロマンチックウォリアーがレース史上初の3連覇を果たすのか、それとも日本馬が21年ラヴズオンリーユー以来の勝利を手繰り寄せるのか。注目のクイーンエリザベス2世Cは、日本時間28日の17時40分に発走を迎える。

【クイーンエリザベス2世C(G1)展望】「G1・6勝」ロマンチックウォリアーVS「5馬身差圧勝」プログノーシス!ヒシイグアス、ノースブリッジも虎視眈々のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは