GJ > 競馬ニュース > 【天皇賞・春】春G1「勝利の方程式」がまたまた出現!
NEW

【天皇賞・春】春G1「勝利の方程式」がまたまた出現!14番テーオーロイヤルに“やり過ぎ感”…思い出したい「待て、あわてるな、これは孔明の罠だ」の声

【この記事のキーワード】, ,
テーオーロイヤル 撮影:Ruriko.I
テーオーロイヤル 撮影:Ruriko.I

 25日、今年の天皇賞・春(G1)の枠順がJRAより発表された。

 平成の盾男・武豊騎手のサリエラは1枠1番、絶好調のJ.モレイラ騎手とコンビを組むタスティエーラは4枠7番、上位人気を予想される昨年の菊花賞馬ドゥレッツァは6枠12番、対抗格と目されているテーオーロイヤルは7枠14番に決まった。

 1枠2番に入ったヒンドゥタイムズが左前肢跛行のため出走取消となったのは非常に残念だが、まずは出走する全人馬が無事に完走してくれることを祈りたい。

春G1「勝利の方程式」が天皇賞でも炸裂するか

 いつもなら狙っている馬がどの枠に入り、レース展開を思い浮かべるのだが、今週に限ってはそれ以上に“気になるサイン”がひときわ目を引いた。

 それは何かといわれるとテーオーロイヤルが14番枠だった点である。この枠順が確定した際、これに気付いたファンがSNSで発信してざわついた。

 というのも今年の春G1では、ある意味「勝利の方程式」といっても過言ではない結果が続いていたからだ。まずは参考までに結果を振り返っておきたい。

■平地G1で3着以内に入った馬の馬番(2024年)

見事「11番」で大阪杯を勝ち、法則?のバトンをつないだベラジオオペラ
見事「11番」で大阪杯を勝ち、「法則」のバトンをつないだベラジオオペラ

フェブ 1着ペプチドナイル(9番、11番人気)
高松宮 3着ビクターザウィナー(10番、5番人気)
大阪杯 1着ベラジオオペラ(11番、2番人気)
桜花賞 1着ステレンボッシュ(12番、2番人気)
皐月賞 1着ジャスティンミラノ(13番、2番人気)
※フェブ=フェブラリーS、高松宮=高松宮記念

 お分かりいただけただろうか。なんとここまで行われた5つのG1で馬券圏内に突入した馬の馬番がひとつずつ増えていっていることを……(9→10→11→12→13→14?)。この法則に従えば、天皇賞・春で14番に入ったテーオーロイヤルの馬券圏内突入は、もはや約束されたようなもの……かもしれない。

「さすがにこれだけあからさまに続くと、一部のファンから『JRAはやり過ぎじゃないか』という声も出ていました。偶然の一致であることは間違いなさそうですけど、G1の大本命馬が絶好枠を引き当てたときに『仕組まれている』とか、『勝たせたい馬があらかじめ決まっている』みたいな陰謀論は珍しくないですからね(笑)

ですが、最初は気にしていなくてもG1のみで5回も続くと、そろそろ違和感を覚えるのも確かです。もしテーオーロイヤルが馬券に絡むと6回連続になりますから、さすがに異常です。現在2番人気の馬が3連勝中ということもありますし、当日も2番人気なら騙されたつもりで乗ってみるのも面白そうです」(競馬誌ライター)

 ただ、ひとつ気をつけておきたいのは、「ウマい話」には罠もあるということだ。

 某メジャーリーガーの通訳が全幅の信頼を得ながら裏切り行為を働いていたことが発覚したように油断は禁物。三国志で有名な軍師・司馬懿が「待て、あわてるな、これは孔明の罠だ」と警戒を怠らなかったように、最後の最後まで慎重な判断が求められるだろう。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【天皇賞・春】春G1「勝利の方程式」がまたまた出現!14番テーオーロイヤルに“やり過ぎ感”…思い出したい「待て、あわてるな、これは孔明の罠だ」の声のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想