GJ > 競馬ニュース > 【週末重賞ピックアップ】
NEW

【目黒記念】「デビュー以来、一番いい雰囲気」サトノグランツを相手に東京中距離巧者が連覇を狙う!? C.ルメール騎乗の晩成タイプも上位進出を虎視眈々【週末重賞ピックアップ】

【この記事のキーワード】,
東京競馬場
東京競馬場

 26日、東京競馬場では3歳王者決定戦・日本ダービー(G1)が行われる。その興奮が冷めやらぬなか開催されるのが、伝統のハンデ重賞・目黒記念(G2)だ。ダービーを的中させた人は“おかわり”、またハズレた人は“リベンジ”が狙えるとあって、毎年の注目度は高い。

 過去10年を振り返れば、1番人気で勝利したのは、2020年のキングオブコージのみ。だが優勝こそないものの、上位進出は目立ち[1.2.3.4]と、複勝率は60%となっている。ここは素直に本命を軸に狙うのが筋だろう。

■人気上位予想馬の状態は?

【目黒記念】「デビュー以来、一番いい雰囲気」サトノグランツを相手に東京中距離巧者が連覇を狙う!? C.ルメール騎乗の晩成タイプも上位進出を虎視眈々【週末重賞ピックアップ】の画像1
サトノグランツ 撮影:Ruriko.I

 今年1番人気と予想されているのは、2度のG2勝利を記録しているサトノグランツ(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 今年は日経新春杯(G2)から始動。明け4歳ながら勝ち馬ブローザホーン、2着サヴォーナよりも重い斤量57.5kgを背負い、3着と好走した。

 続いてカタールで行われた優勝賞金142万5000ドル(約2億2000万円)のアミールT(G3)に挑戦。国際G3のレースとしては破格の賞金がかけられ、能力の高い馬が集うことで知られる一戦で3着と健闘している。

 前走から帰国後、休養明けのレースとなるが、これまでの戦歴から鉄砲がきくタイプと見て問題ない。また調教助手も「デビュー以来、一番いい雰囲気が出ている」と状態の良さに胸を張っている。

 馬体もいささかシャープになり、成長の跡を感じさせる。デビュー以来、G1の舞台では結果を出せていないが、ここにきて本格化の兆しを見せはじめたようだ。

 目黒記念での好走を足がかりにG1の舞台へ……。陣営が思い描く最良の形に向けて、素質馬がその一歩を踏み出そうとしている。

■相手は府中2500巧者と……

ヒートオンビート
ヒートオンビート

 昨年、後方待機策から最後の直線でライバルたちを交わし、見事に優勝を飾ったヒートオンビート(牡7歳、栗東・友道康夫厩舎)。記念すべき重賞初制覇を成し遂げた思い出深い舞台で連覇を狙う。

 1週前追い切りには、坂井瑠星騎手が騎乗。2頭で併せられると最後まで集中して走っていた。スタッフも「反応が良かったですね。7歳ですがまだまだ元気ですよ」と笑みを浮かべる。

 今回はトップハンデとなる59kgを背負うことになるが、この斤量は昨年のアルゼンチン共和国杯(G2)で経験済み。このときも最後の直線で大外から猛然と伸びて、勝ち馬から0.2秒差3着。重いハンデを物ともしない走りを見せた。

 東京・芝2500mは、これまで4戦して1勝2着1回3着2回と安定した成績を残している。得意の舞台で昨年同様の好走に期待がかかる。

 

 クロミナンス(牡7歳、美浦・尾関知人厩舎)は、長らく3勝クラスの壁に跳ね返されていたものの、昨年の11月についに突破。今年に入ってからは、重賞の舞台での活躍も目立つ。

 始動戦となったアメリカジョッキークラブC(G2)では好位追走から、しぶとく伸びて3着。続く日経賞(G2)でも持ち前の長くいい脚を使って、勝ち馬から半馬身差の2着に入っている。

 クロミナンスは前走後、右前脚の歩様に硬さがあった。このため放牧に出されたものの、順調な回復を見せたため、目黒記念を目標に帰厩を果たした。

 1週前の追い切りではC.ルメール騎手が騎乗して手応えを確認。予定よりも時計は遅かったものの、これは鞍上の判断で無理をしなかったためだという。

 この判断が功を奏したようで、今週の追い切りでは非常にいい動きを見せた。「いつになくスムーズな走りでした。態勢は整っています」とスタッフも自信をのぞかせている。

 7歳を迎えて本領を発揮しはじめた大器の激走に期待したい。

 秋以降の中長距離重賞戦線を占う上でも重要な一戦。若手の台頭か、ベテラン勢が意地を見せるのか。ダービー後のお楽しみ、目黒記念の発走は17時00分を予定している。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【目黒記念】「デビュー以来、一番いい雰囲気」サトノグランツを相手に東京中距離巧者が連覇を狙う!? C.ルメール騎乗の晩成タイプも上位進出を虎視眈々【週末重賞ピックアップ】のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬