GJ > 競馬ニュース > 「重傷」から復活したC.ルメールが無双状態!
NEW

「重傷」から復活したC.ルメールが無双状態! かつては武豊もキャリアハイをマーク

土日で7勝の固め打ちを決めたC.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I
土日で7勝の固め打ちを決めたC.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

“無双状態”が続くC.ルメール騎手

 9日のエプソムC(G3)で初コンビのレーベンスティールに重賞2勝目をもたらしたC.ルメール騎手。ここ2戦でシンガリ、11着に大敗していた馬をしっかりと1着に持ってきた腕はさすがだった。

 最終レースも同じリアルスティール産駒のニュージーズで勝利し、この日は3勝の固め打ち。土曜の4勝と合わせ、先週は計7勝の荒稼ぎとなった。

 そんなルメール騎手は、その前の週にも土日で6勝をマークと現在絶好調。実はここ4週連続で6勝以上の固め打ちを決めるなど“無双状態”が続いている。

 3月に開催されたドバイターフ(G1)の最後の直線で落馬し、鎖骨と肋骨の骨折および肺に穴があく重傷を負った同騎手。当初は春クラシックでの騎乗はおろか、復帰してからも怪我の影響を懸念する声がちらほらと聞かれていた。

 しかし、5月上旬にカムバックを果たして以降は【29-12-7-19/67】勝率43.3%、連対率61.2%、3着内率71.6%という抜群の成績。怪我の影響どころか、休養前を上回るペースで白星を積み重ねているのだから驚きだ。全国リーディング首位の川田将雅騎手にも先週の開催終了時点で1勝差まで迫っており、逆転も時間の問題だろう。

武豊騎手も怪我から復帰後、好成績を残した

武豊騎手も2002年に落馬で大怪我を負った 撮影:Ruriko.I
武豊騎手も2002年に落馬で大怪我を負った 撮影:Ruriko.I

 ちなみに、過去にも大怪我から復帰後、抜群の成績を残したジョッキーがいた。武豊騎手だ。

 同騎手は2002年2月24日の中山3Rで落馬。腰を打ち付けて船橋市立医療センターに搬送されると、骨盤骨折で全治3~6ヶ月との診断が下された。その年のダービーはもちろんのこと、秋競馬にも間に合うかどうかといったほどの重傷である。

 しかし、驚異的な回復力と懸命なリハビリトレーニングを経てわずか2ヶ月足らずで戦列に復帰すると、その年の日本ダービー(G1)をタニノギムレットとのコンビで優勝。その後も順調に勝利を積み重ね、12月にはJRA記録となる1日8勝をマークするなど、最終的に年間133勝を挙げて全国リーディングに輝いたのだ。

 それから20年以上が経ち、今年で騎手生活38年目を迎えている武豊騎手だが、2002年にマークした勝率29.1%、連対率43.5%、3着内率56.0%は今でもキャリア最高の数字となっている。

「怪我の功名」ということわざも存在するが、果たしてルメール騎手は今年の終了時、どれだけの成績を残すことになるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「重傷」から復活したC.ルメールが無双状態! かつては武豊もキャリアハイをマークのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬