GJ > 競馬ニュース > ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
NEW

「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場

画像はイメージ
画像はイメージ

日本ダービー出走を逃したヘデントール

「終いはいい脚を使ってくれたものの、位置が悪かったです」

 今年4月の青葉賞(G2)で8着に敗れたヘデントール(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)に対し、騎乗していたT.オシェア騎手はそうコメントを残した。

 敗れはしたものの、ダービートライアルのG2で本馬がファンから1番人気に支持されたことには、それだけの理由がある。ルーラーシップ産駒の素質馬は、昨年11月東京のデビュー戦でジャスティンミラノと0秒3差の2着に善戦。勝ち馬が無敗で皐月賞(G1)を制し、日本ダービー(G1)でも大本命に推されていたことを考えると、続く2戦目3戦目で楽勝を決めたのも当然だったかもしれない。

C.ルメール騎手は怪我で青葉賞に騎乗できなかった
C.ルメール騎手は怪我で青葉賞に騎乗できなかった

 しかし、陣営にとって最大の誤算となったのは、初戦から3戦連続で手綱を取っていた主戦のC.ルメール騎手が怪我で騎乗不可となってしまったことだろう。

 もちろん代打で騎乗したオシェア騎手も今年のドバイワールドC(G1)とドバイゴールデンシャヒーン(G1)を制しており、地元UAEでは過去12回リーディングを獲得しているレジェンドではあるが、青葉賞が初コンビだったこともあってか、主戦の不在は陣営の予想以上に影響した可能性が考えられる。

未勝利戦はダノンデサイルの京成杯を凌駕するタイムだった

「ヘデントールはジャスティンミラノ相手に好走したデビュー戦だけでなく、2戦目に勝ち上がった1月中山の未勝利戦も素質の片鱗を見せていました。後方待機策を採ったこのレースは、中盤から一気に捲って2番手まで進出し、2着馬に2馬身半の差をつけて圧勝。芝2000mでマークした2分0秒2の勝ちタイムは、翌日に行われた京成杯(G3)のそれを0秒3も上回っていたんですよ。

ちなみに今年の京成杯の勝ち馬といえば、その後ダービー馬に輝いたダノンデサイル。こうして振り返ると皐月賞馬相手に接戦を演じただけでなく、ダービー馬よりも速い時計で中山の2000mを走っていた訳です。それだけに青葉賞で不完全燃焼に終わったことは残念でしたね」(競馬記者)

 そのヘデントール陣営が名誉挽回をかけて次走に選択したのが、16日の東京9R町田特別(2勝クラス)である。奇しくも舞台は青葉賞で敗れた東京・芝2400mと同じ条件だけに、前走が力負けでなかったことを証明するには、ちょうどいい舞台でもある。

 ダービーへの出走は叶わなかったが、ここで結果を出せばラスト一冠の菊花賞(G1)への視界がぐっと開けてくる。主戦のルメール騎手が鞍上に戻る今回は、是が非でも勝利をもぎ取りたい一戦だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に