GJ > 競馬ニュース > 【青葉賞(G2)】「武豊×シュガークン」に立ち塞がるライバル3頭!
NEW

【青葉賞(G2)】「武豊×シュガークン」に立ち塞がるライバル3頭! 新馬戦でジャスティンミラノに敗れた「東の大物」が急浮上【週末重賞ピックアップ】

【この記事のキーワード】, ,
東京競馬場
東京競馬場

 27日に開催される青葉賞(G2)。今年、出走馬の中で最も注目度が高いのは、名馬キタサンブラックの半弟にして、武豊騎手が鞍上を務めるシュガークン(牡3歳、栗東・清水久詞厩舎)だろう。

 前走の大寒桜賞(1勝クラス、中京・芝2200m)では、大外枠から華麗な逃げ切り勝ち。レジェンドからは、「お兄さん(キタサンブラック)に似ていると思って、一度はこういう競馬をしたいと思っていた」と、最大級の賛辞が飛び出した。

 上位人気必至のシュガークンだが、青葉賞は1着、2着馬に日本ダービー(G1)への優先出走権が与えられるトライアル。ひときわ力を入れている陣営も多いため、今回も侮ることができないメンバーが集結した。今回はシュガークン以外の注目馬の情報をお届けしよう。

シュガークンのライバルは関東の大物?

 当日、シュガークンと人気を二分すると見られているのが、ヘデントール(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)だ。

 父はルーラーシップで、母のコルコバードは東京競馬場の芝2400mで【3.2.0.0】。全5勝のうち3勝を挙げた府中巧者として知られていた。

 まだ幼い面が残っているものの、前走の3歳1勝クラス(中山・芝2000m)では、重馬場を物ともせずに長くいい脚を使い、後方一気で優勝を飾っている。

 これまで3戦して負けたのは新馬戦のみ。だがそのときの勝ち馬ジャスティンミラノは皐月賞(G1)を制した。後のG1馬に出鼻をくじかれた形だが、関係者は、「新馬戦は立ち回りの差が出ただけだった」と強気な姿勢を崩さない。

 鞍上を託されたのは、初来日となるUAEの雄・T.オシェア騎手。ここを制して3歳世代のトップ争いに名乗りをあげたいところだ。


 前走の弥生賞ディープインパクト記念(G2)で1番人気に推されながらも、6着に敗れたトロヴァトーレ(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)は、仕切り直しの1戦で大舞台の切符を掴みに行く。

 弥生賞では不運が続いた。序盤から隣に入ったシンエンペラーと接触。なんとか立て直し、5番手で進むも関係者曰く、「3コーナーでライバルに進路をカットされてしまい、その後はリズムを欠いて、走りが悪くなりました」と、肩を落とすほどの不利も受けていた。これらが響き、実力をフルに発揮できなかったようだ。

 前走後、ノーザンファーム天栄でのリフレッシュを終えると、青葉賞を目標に調整され、1週前追い切りでは好タイムを連発。関係者も「予定より時計が速くなった」と苦笑していた。

 だが、特に反動はないようで、今週の追い切りでも美浦Wで僚馬(3歳未勝利)と併せられると、馬なりでラスト1F11秒4を記録。直線で並ぶまもなく2馬身先着し、好調さがうかがえる動きを見せている。

 体調面は万全のようだが、今回も不運が続き、入った枠は8枠17番の大外枠。この負の流れを断ち切る走りに期待したいところだ。


 重賞で優勝請負人とばかりの活躍を見せるJ.モレイラ騎手とコンビを結成したのは、デュアルウィルダー(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)。

 父はターフクラシックS(G1)、ウッドワードS(G1)を制したヨシダ。デビュー戦こそ3着だったが、次走の3歳未勝利戦(中山・芝2200m)では、果敢にハナを奪うと一度も先頭を譲ることなくゴール。2着に5馬身差をつけて圧勝を飾った。

 青葉賞とプリンシパルS(L)の両睨みだったが、陣営はこちらを選択。前走後は休養に入っていたが、以前と今回の馬体を比較すると、後肢の力強さが増してパワーアップした印象を覚える。中間の稽古でしっかり負荷がかけられたため、「心肺機能が整い、いい仕上がりにあります」とスタッフも自信をのぞかせる。

 跳びが大きいダイナミックな走りを見せるだけに、小回りの中山競馬場よりも広い東京競馬場にコースが替わるのも好材料だ。

 競馬関係者から高評価されている逸材が、香港のマジックマンの手にかかるとどのような走りを見せるのか。期待は高まるばかりだ。


 1984年以降、青葉賞→日本ダービーのローテーションで出走した馬の合計では「117頭」。その中にはシンボリクリスエスやゼンノロブロイなど現役時代は最強の称号にふさわしい走りを見せた名馬たちもいる。

 だがうち8頭が日本ダービーで「2着馬」になっているものの、優勝馬は出ていない。それゆえ、競馬ファンにとっては「青葉賞馬はダービーを勝てない」というジンクスはすっかりおなじみのものとなっている。

 今年はどの馬が青葉賞を勝ち、このジンクス打破に挑むのだろうか? 興味は尽きない。
(構成=GJ編集部)

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【青葉賞(G2)】「武豊×シュガークン」に立ち塞がるライバル3頭! 新馬戦でジャスティンミラノに敗れた「東の大物」が急浮上【週末重賞ピックアップ】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”