GJ > 競馬ニュース > 福永厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
NEW

JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは

【この記事のキーワード】,
今年も波乱必至のマーメイドS。福永祐一厩舎の初重賞制覇はあるのか?
今年も波乱必至のマーメイドS。福永祐一厩舎の初重賞制覇はあるのか?

■今年も波乱必至の超難解レース

 今週末に行われるのは、波乱必至の牝馬限定ハンデ重賞マーメイドS(G3)。例年、阪神の芝2000mで行われてきたレースだが、今年は阪神競馬場の改修工事もあり、京都芝2000mで行われる。最後の直線に坂のあった阪神コースと異なり直線に坂のない京都コースで行われるだけに、過去の傾向やデータが参考になりにくく例年以上に難解な一戦となるだろう。

 その中で特に注目を集めているのが、福永祐一厩舎の管理馬エーデルブルーメ。今年3月に開業し、第2の競馬人生をスタートさせた福永調教師にとって、ここは初重賞制覇がかかる一戦。エーデルブルーメは安田隆行厩舎で管理されていたが、定年引退による厩舎の解散で福永厩舎へ移籍。その移籍初戦となった前走は、川田将雅騎手を背にいきなり勝利してみせたのである。

 そして今回はその勢いのままこのマーメイドSで重賞制覇を狙っているわけだが、このレースは重賞でありながらとにかく難易度の高いレース。おそらくすべての競馬ファンも、日本中央競馬会(JRA)で行われる重賞レースの中で難解なレースを3つ選べといわれたら、その上位に選ばれるのではなかろうか。

 実際に過去の優勝馬を見てみると、重賞ながらオープン馬の勝利は多くない。2021年に10番人気で勝利したシャムロックヒルや2020年の優勝馬サマーセントは、2勝クラスを勝利しただけの馬であり、3勝クラスで2着の実績もなかった。こういった馬が勝利するレースがこのマーメイドSであり、難解なレースといわれる所以となっている。

 ちなみにエーデルブルーメは3勝クラスを勝利しての昇級戦でハンデ54kgだが、愛知杯(G3)優勝馬ミッキーゴージャスは56.5kgなので、2.5kg差があるここは恵まれたといって良さそう。出走予定馬はこの2頭以外に福島牝馬S(G3)を勝利したコスタボニータ、ジュリアバローズ、ピンハイ、タガノパッション、ゴールドエクリプス、ラヴェル、キミノナハマリアなどだが、ハンデも差がありどの馬にもチャンスがあるだろう。

 しかもオッズが分散していることもあり、万馬券決着は必然といっても過言ではない状況にある。ならばここは、最強の万馬券ハンターである「暴露王」が推奨する穴馬で万馬券を狙うのが“最適解”といえよう。なぜなら暴露王はすでにマーメイドSで、人気薄ながら激走が期待できる2頭の穴馬を把握し、過去に的中させた119万馬券に匹敵する高額万馬券を視野に入れているからだ。

2020年6月に的中させた119万馬券。暴露王はこの時期を得意としている
2020年6月に的中させた119万馬券。暴露王はこの時期を得意としている

 暴露王は、美浦と栗東にある日本中央競馬会(JRA)の東西トレーニングセンターで活動する【凄腕記者】と提携。彼らは馬券で生活するほどの猛者であるが、意外にもテレビやラジオなどの表舞台に出るような存在ではない。しかも彼らが独占的に入手した穴馬の情報は、スポーツ紙や競馬専門紙には掲載されない。ゆえに彼らが把握する穴馬情報は、暴露王を通じてのみファンに届けられる仕組みになっている。

 そんな貴重なマーメイドSの穴馬情報を、暴露王はファンに向けて無料で提供するというのだ。

「福永厩舎のエーデルブルーメがここで重賞を勝てば、競馬的にはかなりの盛り上がりとなるでしょう。実際にマスコミは話題作りもあって、それを期待するかのような記事になっています。

しかしそうは問屋が卸さないのがこのレース。福永厩舎のエーデルブルーメは、実は現場で意外な評価もあって買いにくい状況があります。また他のライバル陣営もこの馬をマークするようなので、厳しいレースになるでしょう。

しかも今年は格下の穴馬や、マスコミの盲点となっているノーマークの穴馬がスタンバイしており、その穴馬が有力な状況。馬券的にもかなりの配当が期待できるレースといえます。

 暴露王が狙う穴馬は、前走が大敗していながら、ここ目標で巻き返しが期待できる格下の穴馬。さらには来週の宝塚記念(G1)や北海道開催にリソースを割いている、スポーツ紙や競馬専門紙の一般マスコミが見落とす人気薄の穴馬です。

実は人気を集める有力馬の数頭は危険な人気馬といえる状況にあり、情報通りに噛み合えば2020年に的中させた119万馬券のような超高額万馬券が飛び出しても不思議ではない状況になっています」(暴露王スタッフ)

前述したように暴露王は最強の万馬券ハンターである。その理由は単純に実績だ。彼らは年間300本以上の万馬券を10年以上連続で的中させており、前記のとおり100万馬券まで的中させている。今年も6月9日の時点で130本の万馬券を的中と、その勢いに陰りはない。そして先週末も京都で800倍の万馬券を仕留めるなど、この6月も絶好調だ。

阪神JFで的中させたトリプル万馬券。牝馬限定重賞は暴露王が得意な条件の一つ
阪神JFで的中させたトリプル万馬券。牝馬限定重賞は暴露王が得意な条件の一つ

 その暴露王が、マーメイドSでマスコミが見落とす2頭の穴馬で万馬券を狙っているのだから、この情報を活用して馬券を購入するのが“最適解”なのである。

 一般的に考えて、競馬ファンが穴馬を探すのは困難だ。しかし暴露王が提携する【凄腕記者】は、穴馬探しのスペシャリストであり、その経験・人脈・知識・信頼関係によって数々の穴馬の激走をスクープしてきた。彼らの嗅覚は他のマスコミや競馬ファンの比ではなく、当然のことながら穴馬探しにおいて、彼らの右に出るものはいまい。

 その【凄腕記者】が見つけ、絶大な自信を抱くマーメイドSの激走穴馬。この情報を参考に馬券を購入すれば、ただ万馬券を的中させるだけでなく、今年のマイナスを一気にプラスに転ずることも可能だろう。

 また来週末に行われる宝塚記念や本格的な夏競馬に向けても、今週末のマーメイドSは暴露王の実力を確かめる絶好のチャンスといえる。なぜなら暴露王は毎年のように夏競馬で数多くの万馬券を的中させており、今年も万馬券の量産に手応えを掴んでいるからだ。

 まずはこのマーメイドSで提供される2頭の穴馬情報を無料で入手し、この夏は本格的に暴露王の穴馬情報で万馬券的中の醍醐味を味わっていこう。

CLICK→【マーメイドS「極穴馬2頭!直前リポート」無料公開!】暴露王

※本稿はPR記事です。

JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とはのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に