GJ > 競馬ニュース > D.レーン「11戦1勝」の出稼ぎ失敗!?
NEW

D.レーン「11戦1勝」の出稼ぎ失敗!? 人気上回ったレースは一度もなし…帝王賞セラフィックコール「人気先行」に警鐘か

先週は1勝に終わったレーン騎手 撮影:Ruriko.I
先週は1勝に終わったレーン騎手 撮影:Ruriko.I

 22日から 28日まで短期免許で来日した豪州の名手・D.レーン騎手。昨年の日本ダービー(G1)をタスティエーラとのコンビで制し、直後に行われた目黒記念(G2)もヒートオンビートで連勝した手腕の持ち主だ。

 既にその実力はファンから認知されており、今回も大きな期待を持って迎えられた。先週は早速土曜東京で8鞍、日曜京都で3鞍の計11鞍に騎乗。騎乗馬のラインアップも1番人気3頭、2番人気4頭、3番人気、4番人気、6番人気、9番人気と悪くなかった。

 しかし、いざフタを開けてみると、11戦して1勝のみ。レーン騎手としては物足りなさを感じる結果に終わってしまった。唯一の勝利は2歳新馬を7馬身差で楽勝したサトノカルナバルのみ。全体を通しても人気より上の着順に持ってきたケースは一度もなしだった。

期待されたレーン騎手だったが11戦1勝と振るわず

 約1年ぶりの来日ということもあり、競走馬でいうところの長期休養明けのような感覚だろうか。

「昨年のインパクトが強かっただけに、まだ日本の競馬の勘が戻り切っていない感じもしましたね。いつもなら徐々に調子を上げていくのですが、今回はもう中央での騎乗はありません。

残っているのは、セラフィックコールとのコンビが決まった帝王賞(G1、26日・大井競馬場)ですね。こちらも久々の騎乗機会ですが、2019年にオメガパフュームで制した実績もあります。転んでもただでは起きないところを見せて欲しいです」(競馬記者)

 ただ、25日15時現在の前売りオッズによると、セラフィックコールの単勝オッズは1番人気。これにキングズソードが2番人気、ノットゥルノ3番人気、ウィルソンテソーロ4番人気と続いている。

 左回りがそれほど得意ではないと一部で言われているセラフィックコールは、前走の川崎記念(G1)で5着に敗れた。いまだ負けなしの右回りへと舞台が替わることは歓迎に違いないのだが、実績的にはダートのG2ダイオライト記念を勝った程度。あまり人気が先行するようなら疑ってみるのもありかもしれない。

 先週の宝塚記念(G1)は、1番人気ドウデュース、2番人気ジャスティンパレスが揃って惨敗。レーン騎手が騎乗したシュトルーヴェも9番人気11着と振るわなかった。このまま手ぶらで帰国することになるのか、それともさすがの腕前でG1タイトルを持ち帰るのか。

 地方版グランプリといえそうな帝王賞。かつて追い切りに跨ったM.デムーロ騎手が怪物と評したダートの素質馬の走りに注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

D.レーン「11戦1勝」の出稼ぎ失敗!? 人気上回ったレースは一度もなし…帝王賞セラフィックコール「人気先行」に警鐘かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  4. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  5. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  6. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も