GJ > 競馬ニュース > 名門期待の長距離砲「4馬身差」快勝劇で菊花賞を視野!
NEW

名門期待の長距離砲「4馬身差」快勝劇で菊花賞を視野! 川田将雅と“夏コク上がり馬”コンビ継続でラスト一冠参戦なるか

【この記事のキーワード】, ,
川田将雅騎手
川田将雅騎手

 6日、小倉10Rに行われた芝2600mの西部スポニチ賞(2勝クラス)は、メリオーレム(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)と川田将雅騎手のコンビが1番人気に応えて優勝した。

「道中はリズム良く走れました」

 3戦ぶりにメリオーレムとコンビを組んだ川田騎手がそう振り返った一戦。9頭立ての最内枠からスタートした人馬は道中4、5番手を追走。1周目のホームストレッチで外に持ち出し、川田騎手の言葉通り軽快にレースを運んだ。

 2周目3コーナー付近から進出を開始。楽な手応えで先頭に並びかけ直線に向いたところで抜け出すと、最後は2着に4馬身差をつける楽勝だった。

「前走のプリンシパルS(L)では惜しくも2着に敗れたメリオーレムですが、騎乗していた戸崎圭太騎手がレース後『距離はもっとあっても良さそう』と話していた通り、距離が3ハロン延びて非常に強い内容でした。

メリオーレムの父はジャパンC(G1)以外にも芝3000mの阪神大賞典(G2)を勝利し、天皇賞・春(G1)でも2着2回のシュヴァルグラン。スタミナ勝負はもってこいでしょうし、今後も長丁場で活躍してくれそうです」(競馬記者)

友道康夫調教師も期待を寄せる長距離砲

 その父も管理した友道師も「シュヴァルグランの仔らしく、この距離で力を発揮してくれた」とレース後に話し、秋は菊花賞(G1)を目標にするとした。SNSやネット掲示板にも「楽しみにしています」「シュヴァルグランの代表産駒の1頭になりそう」「ぜひ川田騎手とコンビ継続で参戦してほしい」といったコメントが寄せられている。

ジャンタルマンタル 撮影:Ruriko.I
ジャンタルマンタル 撮影:Ruriko.I

 ここまでメリオーレムの全3勝でコンビを組むなど相性抜群の川田騎手は、この世代で牡馬のお手馬はジャンタルマンタルが皐月賞(G1)3着の後、マイル路線に進んだ。日本ダービー(G1)で騎乗したシックスペンスも勝ち鞍は1800mまで。距離が2400mに延びたダービーでは9着に敗れている。

 ちなみに、現在は名実ともにトップジョッキーの川田騎手も菊花賞制覇は2010年を最後に遠ざかっているが、当時のパートナーだったビッグウィークも川田騎手を背に夏の小倉で2勝クラス(当時1000万下)を突破した上がり馬だった。

「まだ内にモタれる面が出てくるので、改善してくれればと思います」

 レース後、メリオーレムについてそうコメントを残した川田騎手。次走は未定とのことだが、クラシック最終戦に向けて楽しみな1頭が現れたことは間違いなさそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

名門期待の長距離砲「4馬身差」快勝劇で菊花賞を視野! 川田将雅と“夏コク上がり馬”コンビ継続でラスト一冠参戦なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  5. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  6. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  7. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  8. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に
  9. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か
  10. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?