GJ > 競馬ニュース > 天皇賞・秋で「ドウデュースVS戸崎圭太」が実現!
NEW

天皇賞・秋で「ドウデュースVS戸崎圭太」が実現!ダノンデサイルは菊へ直行…アノ馬の殴り込みもあるか

【この記事のキーワード】, ,
戸崎圭太騎手とドウデュースの対決が実現か 撮影:Ruriko.I
戸崎圭太騎手とドウデュースの対決が実現か 撮影:Ruriko.I

 今年の牡馬3歳クラシックは、皐月賞(G1)をジャスティンミラノ、日本ダービー(G1)をダノンデサイルがそれぞれ優勝。ダービー馬の陣営は菊花賞(G1)への直行を表明したが、皐月賞馬は天皇賞・秋(G1)に向かうことが分かった。

 2021年にエフフォーリア、22年にイクイノックスが優勝したように、近年は菊花賞を使わなかった3歳馬が天皇賞・秋で好結果を残すケースも増えた。スタミナよりもスピードが重視されつつあるトレンドに沿った選択といえるだろう。

武豊ドウデュースVS戸崎圭太ジャスティンミラノが実現

 そして秋の天皇賞といえば先日、凱旋門賞(仏G1)に向かわず、秋古馬三冠を歩むと発表したドウデュース(牡5、栗東・友道康夫厩舎)も出走を予定しているレース。両馬を管理している友道調教師としては、管理馬の2頭が同門対決となる。

 ただ、ジャスティンミラノの主戦を任される戸崎圭太騎手とドウデュースの対決は非常に興味深い。

 というのも、昨年暮れの有馬記念(G1)は武豊騎手とのコンビで優勝したドウデュースだが、その前の天皇賞・秋とジャパンC(G1)で代役を務めたのが戸崎騎手だったからである。

 天皇賞・秋の当日に武豊騎手が馬に蹴られて負傷し、ドウデュースに騎乗できなくなるというアクシデントが発生したが、急遽代役を引き受けたのが戸崎騎手。初コンビの重圧もあった中、天皇賞・秋で7着、コンビ2戦目のジャパンCで4着に敗れた。

 もちろん、戸崎騎手も全力を尽くしていたものの、レジェンドに手綱が戻ったグランプリでドウデュースが華麗な復活勝利を挙げたこともあり、改めて武豊騎手との相性の良さを証明する結果となった。

 今回はお手馬のジャスティンミラノに跨って、昨秋にコンビを組んで悔しい結果に終わったドウデュースとの対決が実現。世代レベルの比較という意味でも楽しみなレースとなりそうだ。

 また、春のクラシックで敗れたとはいえ、皐月賞3着馬ジャンタルマンタルもNHKマイルC(G1)を優勝しており、皐月賞と同じ2000mの天皇賞・秋なら参戦する可能性もあるだろう。

 いずれにしても今年の天皇賞・秋が楽しみなレースであることに変わりはない。この他にも休養中のテーオーロイヤル、ドゥレッツァもいれば、宝塚記念(G1)を制したブローザホーン、大阪杯(G1)を制したベラジオオペラの参戦も考えられる。

 イクイノックスのような絶対王者は不在ながら、G1馬が多数揃ったハイレベルの戦いにも期待出来そうだ。

高城陽

高城陽

大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

天皇賞・秋で「ドウデュースVS戸崎圭太」が実現!ダノンデサイルは菊へ直行…アノ馬の殴り込みもあるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 永島まなみと「超人気タレント」が共演!? ひまわり賞優勝、小倉ターフ賞受賞の活躍にメディアからも引っ張りだこ
  3. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  4. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃
  5. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  6. 【キングジョージ(G1)展望】世界最強オーギュストロダンに挑戦状を叩きつけるのは? 欧州上半期の祭典でディープインパクトVSハーツクライが実現も
  7. 夏の新潟「パドックウォーク」が早くも話題沸騰!? 昼休みのパドック開放に「普段は入れないから興味ある」一部では懸念も
  8. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  9. 【アイビスSD(G3)展望】新婚の「千直女王」藤田菜七子にチャンス! 勝つのはスペシャリストか、秋を見据える大物か
  10. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体