GJ > 競馬ニュース > 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗
NEW

「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか

【この記事のキーワード】, ,
グランプリ連覇を狙うドウデュース 撮影:Ruriko.I
グランプリ連覇を狙うドウデュース 撮影:Ruriko.I

 上半期を締めくくるグランプリ・宝塚記念(G1)の枠順が20日に発表。1番人気が予想されるドウデュースは4枠4番、ジャスティンパレスは2枠2番、ベラジオオペラは3枠3番にそれぞれ決まった。

 決戦の日となる23日まで刻一刻と近づきつつあることを実感する。主役はもちろん昨年の有馬記念(G1)で鮮やかな復活劇を演じたドウデュースだ。鞍上の武豊騎手が中間の追い切りで絶賛していたようにグランプリ連覇に視界は良好。勝負どころで進路がなくなって不完全燃焼に終わったドバイターフ(G1)からの巻き返しが期待される。

永遠のライバルは昨年、父のリベンジに成功

 実績最右翼のドウデュースが本命視される今年の宝塚記念だが、本馬の父ハーツクライは2005年の宝塚記念に出走してスイープトウショウの2着に敗れている。父と同じく有馬記念を制したドウデュースだが、父の敗れた舞台でリベンジを果たせるだろうか。

 実はひと足先に父のリベンジに成功したのが、キタサンブラック産駒のイクイノックスだ。父は2017年の宝塚記念で単勝1.4倍の大本命に支持されたものの、まさかの9着に惨敗。不可解な敗戦に主戦の武豊騎手すら「不利があった訳ではありません」「今日は走らなかった」「正直よく分かりません」と戸惑いの弁を残すのが精一杯だった。

 福永祐一騎手(現調教師)のシュヴァルグランが意表を突く逃げの手に出たことで場内がどよめいたが、稍重で1000m通過60秒6ならそれほどペースは速くない。好位につけたキタサンブラックにとっても、いつもの競馬だったはずである。

 しかし、最後の直線に入った時には手応えも怪しくなり、シュヴァルグランと一緒にズルズルと後退。2頭揃ってこれといった見せ場も作れずに凡走してしまった。

「あくまで当時の憶測に過ぎませんが、前走の天皇賞・春(G1)の疲れが響いたのではないかと感じました。このレースは前半から11秒台のラップが連続して刻まれる消耗戦。最終コーナーで抜け出しを図ったキタサンブラックにシュヴァルグランが真っ向勝負を挑んだレースでした。

息のつまるデッドヒートを制したキタサンブラックがライバルを退けましたが、良馬場の3200mで3分12秒5のスーパーレコード。前年の菊花賞(G1)を楽勝していたサトノダイヤモンドでさえ、3着に伸び負けたほどでしたから、目に見えないダメージは大きかったかもしれません」(競馬記者)

 ちなみに今年の天皇賞・春も目に見えないダメージは少々気がかりだ。勝ち馬のテーオーロイヤルはレース後に骨折が判明。15着に惨敗したドゥレッツァは熱中症のような症状が見られた上に、その後骨折していたことが分かり、秋の海外遠征も白紙に戻った。同レース経由で宝塚記念に出走するブローザホーンやディープボンドは、穴党の注目を集めそうだが、当日の気配も入念にチェックしておきたい。

 週末の京都地方は降雨が濃厚なだけに、出走各馬の道悪適性も問われるレースとなりそうだ。

高城陽

高城陽

大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  4. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  5. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  8. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  9. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  10. キタサンブラック産駒を超高価格で落札「謎の購買者」が2年連続で話題に? 昨年の落札馬は「有名オーナー」の名義に