GJ > 競馬ニュース > 武豊×エアスピネル復活
NEW

武豊×エアスピネルコンビ復活! 勝ち切れない状況も武騎手の「マイルCS実績」と適性で前途洋々?

【この記事のキーワード】, ,
武豊×エアスピネルコンビ復活! 勝ち切れない状況も武騎手の「マイルCS実績」と適性で前途洋々?の画像1

 札幌記念5着のエアスピネル(牡4 栗東・笹田厩舎)が、秋のローテーションを10月の富士S(G3)、マイルCS(G1)と定めたことがわかった。鞍上は、前走で初めて乗り替わりとなった武豊騎手が戻ることとなった。

 デビューから13戦3勝だが、これまで掲示板を外したことは一度もないエアスピネル。実力は確かだが、どうにも勝ちきれない善戦ホースというイメージが定着している。

 3歳はクラシックを完走、この春はマイル路線に絞って戴冠を狙ったが、安田記念でも5着と「定位置」。新味を出そうと距離延長で臨んだ札幌記念も5着。C.ルメール騎手での参戦も実を結ばなかった。

 ただ、札幌記念ではマイル戦を使い続けた反動か道中ではこれまで以上に引っかかる素振りを見せ、ルメール騎手との相性も決してよくなさそうな印象を残していた。それだけに、武騎手へ手綱が戻ることへは好意的な声が多い。

「エアスピネル陣営は春時点で天皇賞・秋への参戦も視野に入れていました。天皇賞では武騎手がキタサンブラックに騎乗するのが確実なので、札幌記念時点で一度別の騎手を、ということだったんでしょう。ルメール騎手と比較すると武騎手とのほうがやはり息が合っているようにも見えますし、期待できるコンビ復活といえます」(記者)

 また、大目標であるマイルCSの開催は京都競馬場。エアスピネルは2歳時の デイリー杯2歳S(1着)、3歳の菊花賞(3着)、4歳の京都金杯(1着)と、もっとも良績を残している舞台でもある。距離適性と同等に競馬場適性も重要な傾向を考えれば、これは大きな追い風だろう。

武豊×エアスピネルコンビ復活! 勝ち切れない状況も武騎手の「マイルCS実績」と適性で前途洋々?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  4. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  5. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  6. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  7. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  10. JRA横山典弘「再登板」もファンの胸中は複雑!?ソダシでも主戦騎手が降板の過去…「騎乗批判疑惑」で物議醸したコンビが復活