GJ > 競馬ニュース > H.ボウマンガックリ?
NEW

日本ダービー「斜行」騎乗停止H.ボウマンガックリ? 安田記念「有力香港馬」騎乗もご破算

【この記事のキーワード】, ,
日本ダービー「斜行」騎乗停止H.ボウマンガックリ? 安田記念「有力香港馬」騎乗もご破算の画像1

 第85回日本ダービー(G1)は、福永祐一騎手が騎乗する5番人気のワグネリアンが乾坤一擲の走りを見せ、優勝した。”平成最後のダービー”で『一家』の悲願を達成して涙を流した福永騎手。その影で、忸怩たる思いを胸に秘めていると思われるのが、H.ボウマン騎手だ。

 ボウマン騎手は13番人気のエタリオウでレースに出走。道中は後方で脚をためていた青葉賞2着馬は最後の直線で馬群をかき分けるかのように進出。上がり2位の33.5秒の末脚を武器に先頭集団に襲いかかるも、届かずに4着。勝ち馬ワグネリアンとは0.2秒差、また3着のコズミックフォースとはタイム差ナシのハナ差で決着と、惜しい競馬を見せていた。

 下位人気の馬で勝ち負けに絡む競馬を展開して、その手腕を遺憾なく発揮したボウマン騎手。だが、レース後に6月2日から10日まで開催4日間の騎乗停止処分が下されてしまう。これは最後の直線で外に斜行し、サンリヴァルの進路を狭め、さらにタイムフライヤーにも影響があったためだという。

「後方に待機して最後の直線にかけた馬は多数いましたが、ボウマン騎手とエタリオウのタッグ以外はいずれも下位に沈んでおり、1番先頭を脅かしたのは間違いなくこのコンビでした。

 斜行は残念ですが、付けていたポジション的に外を周っていたのならば先頭集団に追いつくことは難しいと考え、多少強引にでも馬群を縫うように前に行くことを選択、一か八かの勝負に出た結果だったのでしょうね。その際に、残念ながら馬がよれてしまい他馬の進路に影響を与えたように見えました」(競馬誌ライター)

日本ダービー「斜行」騎乗停止H.ボウマンガックリ? 安田記念「有力香港馬」騎乗もご破算のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【クイーンS】ボンドガール武豊は「仲間外れ」の孤軍奮闘!? 「休み明け」C.ルメールは新潟ではなく札幌参戦
  2. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 武豊「マジック炸裂」も次走で鞍上問題発生!? 一撃“5億円”獲得「世代ナンバーワン牡馬」が参戦予定
  4. 重賞勝ち馬で「伝説」に匹敵のセントライト記念!? アルナシーム優勝で朝日杯が話題も…休養中の実力馬が秋の復帰に準備着々
  5. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  6. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  7. JRA「暑熱対策」に関係者からブーイング続出!?朝帰り避けられぬ可能性も…「遅過ぎる最終レース」に現場は戦々恐々
  8. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  9. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  10. 【クイーンS】藤田伸二を背に初重賞制覇を飾った「名牝」、今年の狙い目は武豊騎乗「恵量」の3歳馬?【東大式必勝馬券予想】