GJ > 競馬ニュース > 吉田隼人大ピンチ
NEW

JRA三浦皇成復活の影で「あの騎手」の不満が大爆発!? “身内”騒動からエージェント切り捨て独立も「トラブル」続きか

【この記事のキーワード】, ,
JRA三浦皇成復活の影で「あの騎手」の不満が大爆発!? 身内騒動からエージェント切り捨て独立も「トラブル」続きかの画像1

 13日に発売された『競馬最強の法則』(KKベストセラーズ)7月号の巻頭企画では「デムルメ・外国人騎手を凹ませる!注目の日本人ジョッキー」と銘打って、最近活躍が著しい藤岡佑介騎手や石橋脩騎手などアラサーの騎手8名の特集が組まれている。

 詳細は本誌を拝読頂きたいが、その中で本来、取り上げられてなければならないアラサー騎手の名がないことが気になった。石橋騎手と同じ34歳で、藤岡佑騎手と同期の吉田隼人騎手である。

 しかし、それもそのはず。昨年は自己最多となる81勝を上げた吉田隼騎手だが、今年はここまで18勝と大ブレーキ。リーディングも昨年の11位から27位と大きくポジションを落とし、すでに約半年が経過しているが勝ち星は昨年のペースの半数以下という状況だ。

 かつてはゴールドアクターとのコンビで有馬記念(G1)を制し、一躍脚光を浴びた吉田隼騎手。その後も順調に勝ち星を伸ばし、今年の宝塚記念(G1)に出走予定のスマートレイアーとのコンビで東京新聞杯(G3)を勝つなど、中堅から一流の領域に手が掛かりかけていると思われていたのだが……。

「ここのところ一時の勢いが完全に失われている感じですが、6月に入ってから2勝と調子を取り戻しつつあるんです。何せ、先月は1勝しか上げられませんでしたので……。馬質も良い時に比べれば微妙に落ちている感じもします。本人のコンディションに問題があるわけではなく、実は他に理由があって……。

JRA三浦皇成復活の影で「あの騎手」の不満が大爆発!? “身内”騒動からエージェント切り捨て独立も「トラブル」続きかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 安藤勝己氏も称賛「展開の読み」ズバリ!岩田康誠、半年ぶり重賞Vに“控えめ”ガッツポーズ…函館記念(G3)圧勝劇に「もっと大きい舞台に行ける」
  5. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  6. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  7. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  8. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  9. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは