GJ > 競馬ニュース > 【マイルCS(G1)展望】  > 2ページ目
NEW

【マイルCS(G1)展望】JRA「拮抗」マイル頂上決戦! アエロリットを脅かすのはやはりアイツ?

【この記事のキーワード】, , ,

【マイルCS(G1)展望】JRA「拮抗」マイル頂上決戦! アエロリットを脅かすのはやはりアイツ?の画像3

 3歳時の昨年、春は皐月賞(G1、芝2000メートル)で2着、そして秋のマイルCSを制したのがペルシアンナイト(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)。今年は大阪杯(G1、芝2000メートル)で2着となり底力を証明した。ただし、取りこぼしも多い。人気で負けて人気がないと好走するやっかいな面もある。今年最大の目標であるここを勝って京都マイル王の座を防衛したい。M.デムーロ騎手は必勝態勢のはず。

 以上3頭が人気の中心となるが伏兵陣も多士済々だ。主力崩しの1頭として注目したいのがロジクライ(牡5歳、栗東・須貝尚介厩舎)。富士S(G3、芝1600メートル)は2番手からの競馬で押し切り、2着馬に2馬身差をつける快勝だった。京都のマイルは3歳時、シンザン記念(G3、芝1600メートル)で後の桜花賞馬ジュエラーに勝っている。

 一昨年の3歳クラシックを好走、以後マイル重賞を2つ勝ち、昨年のマイルCSは2着だったエアスピネル(牡5歳、栗東・笹田和秀厩舎)を忘れてはいけない。人気がなければ面白い。昨年の皐月賞馬であり、皐月賞以降勝ち星はないものの好走を続けているアルアイン(牡4歳、栗東・池江泰寿厩舎)。ここも大きく崩れることはないだろう。

【マイルCS(G1)展望】JRA「拮抗」マイル頂上決戦! アエロリットを脅かすのはやはりアイツ?の画像4

 3歳の最有力馬がスプリングS(G2、芝1800メートル)を勝っているステルヴィオ(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)。前走の毎日王冠は先行馬有利の流れの中、1頭だけ中団から差して2着。末脚は驚異だ。マイルがベスト距離である可能性もある。NHKマイルC優勝のケイアイノーテック(牡3歳、栗東・平田修厩舎)は毎日王冠で5着。本格化するのは来年かもしれないが警戒しておきたい。

【マイルCS(G1)展望】JRA「拮抗」マイル頂上決戦! アエロリットを脅かすのはやはりアイツ?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬