GJ > 競馬ニュース > アルアイン追い風  > 2ページ目
NEW

JRA「武豊後継」川田将雅”外国人天国”阻止へ! アルアイン「中距離トップクラス」が久々マイルでも「追い風」

【この記事のキーワード】, ,

JRA「武豊後継」川田将雅外国人天国阻止へ! アルアイン「中距離トップクラス」が久々マイルでも「追い風」の画像2キセキでの騎乗でも魅せた川田将雅騎手

 もう一つ、アルアインを一押ししてくれそうなのが、時計のかかる今の京都の馬場。切れ味タイプではないので、上がりのかかる持続力勝負になってほしい。人気の一角アエロリット(牝4歳)とアルアインにとって、理想の展開はレーヌミノル(牝4歳)の平均ペース以上の逃げだろう。ペースが上がらない場合でも、アルアインの鞍上川田将雅騎手の逃げもあるかもしれない。川田騎手は天皇賞・秋、キセキ(牡4歳)で逃げを打って3着に粘るなど逃げ先行での安定した騎乗が目立つ。

 エリザベス女王杯の行われた11日の京都競馬場では1~11レースまで外国人騎手が勝利するという衝撃的な事態が発生した。日本競馬はジャパンC(G1、芝2400メートル)の創設で世界の仲間入りをした。その結果、競走馬の馬質は著しく向上、多くの馬が海外G1を制している。この時、馬質向上ばかりに目が向き、まったく気付いていなかったのが騎手の技術向上の必要性ではなかったか。そのツケが現在の外国人騎手天国だ。

 武豊騎手以外でそれに最も意識的であり、果敢な実践をしているのが川田騎手と言える。この夏はイギリスに渡った。帰国後もスプリンターズS(G1)を制するなど随所で素晴らしいプレーを見せている。もちろん海外修業に取り組む若手騎手たちにも期待したいが、まずは川田騎手に武豊騎手に次ぐ外国人騎手と対等に渡り合えるジョッキーになってほしい。

 アルアインの追い切りは栗東・坂路で4F52.5-1F12.4と馬なりでまずまずの好時計。川田騎手は「順調です。マイルで乗ってみたいと思っていた」とコメントしている。マイルで一変する可能性を秘めるアルアイン。川田騎手の積極的な攻めの騎乗を見たい。連系の馬券では2着、3着には押さえたい。

JRA「武豊後継」川田将雅”外国人天国”阻止へ! アルアイン「中距離トップクラス」が久々マイルでも「追い風」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  5. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内