GJ > 競馬ニュース > AJCC(G2) “刺客”
NEW

AJCC(G2) “刺客”はゼーヴィントよりも「アノ馬」? 今週もエアスピネル、ミッキーロケットに続き「最強世代」旋風が吹き荒れるか!?

【この記事のキーワード】, ,
keiba0414.jpg

 昨年、一時は「史上最強世代」と謳われていた今年の明け4歳世代。そんな”黄金世代”が、極めて高い期待の中で挑んだ秋競馬だったが、相次ぐ有力馬の引退と、古馬の壁に跳ね返されたため、その評価は急落の一途を辿った。

 しかし、12月に入って「流れ」が大きく変わる。

 クラシックで脇役に過ぎなかったマイネルハニーがチャレンジC(G3)を制覇。年末にはシュウジが阪神カップ(G2)を勝つと、グランプリの有馬記念(G1)ではサトノダイヤモンドが現役王者のキタサンブラックとの叩き合いを制して「世代交代」を告げたのだ。

 その流れは2017年を迎えて、ますます加速。開幕戦となる京都金杯(G3)では単勝1.8倍に推されたエアスピネルが、同世代のブラックスピネルに競り勝って重賞初制覇。3着は古豪のフィエロだったものの、4着から6着も4歳馬が占拠した。

 そんな「最強世代」の旋風は、17日の日経新春杯(G2)でも続く。

 こちらも1番人気に推されたミッキーロケットが、やはり同世代のシャケトラとの叩き合いを制して重賞初制覇。さらには4着にレッドエルディスト、5着にカフジプリンスと続き、またも層の厚さを見せつけている。

 マイネルハニー、エアスピネル、ミッキーロケット、レッドエルディスト、カフジプリンス……早くも2017年の競馬を賑わしているこれらの強豪に共通しているのは、昨年のクラシックを戦った馬たちであることだ。戦績は様々だが「素質馬」が確実に成長し、確かな足取りを見せている。

 そんな大きな流れに乗りたい”新鋭”が、22日に中山競馬場で開催されるAJCC(G2)にも出走を予定している。セントライト記念(G2)2着の実績を持つ、ゼーヴィント(牡4歳、美浦・木村哲也厩舎)だ。

 昨秋、クラシック最後の一冠・菊花賞(G1)を懸けて東西で始動戦を迎えた最強世代。ダービー馬マカヒキがフランスの凱旋門賞(G1)に挑戦する一方、皐月賞馬ディーマジェスティはセントライト記念に、ダービー2着馬そして後の菊花賞馬サトノダイヤモンドは神戸新聞杯(G2)にそれぞれ進んだ。

AJCC(G2) “刺客”はゼーヴィントよりも「アノ馬」? 今週もエアスピネル、ミッキーロケットに続き「最強世代」旋風が吹き荒れるか!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】