GJ > 競馬ニュース > 女王桃井はるこ電撃戦を切る!!
NEW

武豊ダイアナヘイローは○番手!? 女王桃井はるこが狙う電撃戦「高配当」の使者とは

【作業中】武豊ダイアナヘイローは○番手!? 女王桃井はるこが狙う電撃戦「高配当」の使者とはの画像1

 今年も秋のG1戦線の幕開けとなる電撃の6ハロン戦・第51回スプリンターズS(G1)が開催される。競馬ファンからすれば、これから続くG1シリーズを幸先良くスタートするためにもここは落とせないレースだろう。しかし、「実績馬VS夏の活躍馬」で短距離界の頂を争うスプリンターズSは、非常に難解なことで知られている。そこで今回、編集部はアイドル界イチの競馬オタクである桃井はるこさんにお越しいただき、今週行われる重賞レースの見解をうかがってみた。

――前回登場していただいたときは、『今年の夏は秋のG1に向けて、トレセンで調教を続けている感じ』と「桃井さん的G1シーズン」に向けて新たな試みをされると話していましたね。

桃井はるこ(以下、桃井):メディアでは『GJ』さんで初めて告知するんですけど(笑)、実は「本の窓」(10月20日発売号/小学館)さんで3,000文字くらいの短編小説の連載をスタートします。まったく初めてのジャンルにチャレンジ、競馬でいえば、ダート馬が芝に初挑戦というくらい違いがあると思いますが、頑張りたいです!!

 今週末から始まるG1シリーズの芝・1200mの『スプリンターズS』は電撃戦とも称される短距離で、あっという間に決着がつきます。私の小説も短いのでそこまでお時間をとらせることもありません。書店などで見つけたら手にとってもらえればうれしいですね。

――処女作を目にできる日を楽しみにしています。さて、そのスプリンターズSですが、今年は出走予定馬の中に今後の活躍が期待される新星がいる一方、G1ホースは少頭数で、抜きん出た存在がいないともいわれています。

0929momoi_main04.jpg

桃井:すごく荒れそうなので、私好みのレースです(笑)。私が二重丸をつけるのは、鞍上に三浦皇成騎手が予定されているフィドゥーシア! スプリンターズSはカレンチャンに代表されるように牝馬が上位にくることも多いレースで、3着内に2頭きた年もありますからね。

 フィドゥーシアの母は2002年に新潟競馬場で開催されたスプリンターズSを勝利したビリーヴ。優勝したときの開催競馬場は新潟でしたが、翌年の中山競馬場開催でも2着に入賞。この時の勝ち馬はデュランダルでした。あの名馬を相手にしての2着なので、かなり強かったのは間違いないでしょう。

 またフィドゥーシアも、季節は違いますけど同じコース、距離で開催された春雷S(OP)で、キングハート、アクティブミノルを相手に先行して勝つという強い競馬を見せています。レースを見返すとテンが速いんですよねぇ。

 さらに鞍上の三浦騎手は復帰してからすごくいいんですよ。パワーアップして帰って来たという感じがします。先週のオールカマー(G2)では、先行馬から不利を受けたようにも見え、無念の結果に終わりました。ですが、それまでは素晴らしい騎乗をされていたんです。

 大ケガから復活した三浦騎手がフィドゥーシアとタッグを組んでG1初制覇を飾り、完全復活を遂げる!! すごく面白いと思います。また同馬は、素質はあるにもかかわらず、前々走のアイビスサマーダッシュ(G3)では1人気で2着、前走のセントウルS(G2)では2人気で9着になったこともあり、今回は人気が落ちると思いますから、まさに狙い目ではないでしょうか。

武豊ダイアナヘイローは○番手!? 女王桃井はるこが狙う電撃戦「高配当」の使者とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「史上最高配当演出」武豊が大爆発した先週末…ウィルソンテソーロは乗り替わりに賛否両論、レベル疑問の決戦で「勝負気配」匂わせていたレジェンド
  2. エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去?アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か…「ぶっちぎり」の重賞リーディングも後押し
  3. 【フェブラリーS】「元お手馬」のG1勝利に胸中は複雑?重賞初勝利で学んだ判断力の重要性…「鞍上強化」のお手本騎乗が今後の糧になるか
  4. 【小倉大賞典】10万馬券を演出した今村聖奈と分かれた明暗…「106戦1勝」の同期に訪れた試練の時
  5. C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」G1の舞台で超大物誕生の予感? 圧倒的な強さに陣営は米クラシックも視野…気になるのは「鞍上問題」の行方か
  6. 【フェブラリーS】三冠馬の主戦はなぜ「最低人気馬」を選択したのか?「何だか勘違いされてる方いるみたい」渦中の調教師が憶測に反論
  7. 【フェブラリーS】レース直前に「920万円投入」で人気急上昇?超大穴ペプチドナイルに激走サイン…「安過ぎる153万馬券」に陰謀論唱えるファンも
  8. 【フェブラリーS】「馬に申し訳ないです」騎手が謝罪の大敗もノーカン?人気急落だからこそ侮れない… 勝率「1.9%」でもアノ馬の激走に要警戒
  9. 「ルメール、川田が乗ると勝てる」は幻想!? 最高10勝のマイナー厩舎と「5年ぶり」のコンビ結成…64万馬券的中に導いた裏事情とは
  10. 川田将雅、藤岡佑介ら20期生から「最後の大物」出現? 武豊も「上手い3人」に挙げる関西若手No.1に関東圏「48戦0勝」の壁 日本競馬が揺れた現役騎手による「禁止薬物」事件から8年【週末GJ人気記事ぶった斬り!】