GJ > 競馬ニュース > ライラックは「地雷」?  > 3ページ目
NEW

オークス(G1)ラッキーライラックは「地雷」血統!?「根拠なき」スタミナ種牡馬オルフェーヴルに流れる”ステイゴールド”の系譜とは

【この記事のキーワード】, ,

オークス(G1)ラッキーライラックは「地雷」血統!?「根拠なき」スタミナ種牡馬オルフェーヴルに流れるステイゴールドの系譜とはの画像2

 一般的に牝馬は牡馬よりもスタミナ面で劣るため、ステイヤーが出にくいとされているが、ステイゴールドは特にその傾向が顕著に表れている種牡馬といえる。

 実際にG1を勝ったステイゴールドの牝馬はヴィクトリアマイル(G1)のアドマイヤリードと、阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)を制したレッドリヴェールであり、距離はいずれも「マイル」である。

 さらにアドマイヤリードが桜花賞5着からオークスに、レッドリヴェールが桜花賞2着から日本ダービーにそれぞれ挑戦して15着と12着に大敗している点も気になるところだ。

 牡馬を相手にしたレッドリヴェールには情状酌量の余地はあるが、他にもチューリップ賞(G3)を勝ったココロノアイ、クイーンC(G3)を勝ったキャットコイン、フィリーズレビュー(G2)を勝ったマイネレーツェルなどがオークスへ進んだ際も「スタミナのあるステイゴールド産駒だから」という理由で期待されたが、いずれも掲示板にさえ載れない惨敗を喫している。

「ステイゴールド産駒の中で、オークスで馬券になったのは2012年のアイスフォーリスの1頭だけ。それも勝ったジェンティルドンナに5馬身以上ちぎられての3着でした。牝馬に限っては『ステイゴールド産駒だからスタミナがある』という先入観は持たない方がいいと思いますね。

 はっきり言って、オークスのステイゴールド産駒は『無駄に人気する”地雷”』という印象でした。

 こういった『性別』で、距離適性が大きく分かれる種牡馬は時々見かけますね。同じサンデーサイレンス系だと、ダンスインザダークがまさにその典型でした。この馬自身が菊花賞を勝つなどスタミナ血統で、産駒でもザッツザプレンティやデルタブルース、スリーロールスといった菊花賞馬を出しましたが、その一方で牝馬は阪神牝馬Sを2勝したジョリーダンスなど良いスピードを持った馬が多かった印象です」(競馬ライター)

 無論、だからといってオルフェーヴル産駒の牝馬ラッキーライラックが、祖父のステイゴールドの産駒と同じように東京2400mになってパフォーマンスが落ちると決まったわけではない。

オークス(G1)ラッキーライラックは「地雷」血統!?「根拠なき」スタミナ種牡馬オルフェーヴルに流れる”ステイゴールド”の系譜とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「今回はさすがに飲んじゃった」無念の降板から朗報!コンビ継続で2年ぶりV狙うチャンピオンズC…「無敗の怪物バトル」まで負けられない?
  2. 【有馬記念】イクイノックス引退、リバティアイランド年内休養でも超豪華!皐月賞馬とダービー馬の激突も実現…最大の注目は「武豊ドウデュース」の復活?
  3. 武豊チャンピオンズC「前日」も痛い乗り替わり! 中距離路線の「新星」放出の危機?
  4. 「ユタカじゃないと乗りこなせない」レジェンドの降板がお手馬にも影響 武豊「騎乗不可」でも再登板は叶わず…チャンピオンズC(G1)主戦の川田将雅は他の馬に…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. チャンピオンズC「レモンポップは残り100mで止まる?」。G1馬が馬群に沈む決定的根拠&波乱を呼び込む関西馬とは
  6. 世界最強イクイノックスよりも「高評価」を得た馬がまさかの低迷!? 川田将雅も指摘の「ウィークポイント」克服で見出したい活路
  7. 【香港マイル】獲得賞金「イクイノックス超え」の最強マイラーが出走!新王者ナミュールら「日本の精鋭」たちに立ちはだかるのは?
  8. 【チャンピオンズC】「最強助っ人」とコンビ復活の3歳馬VS新・砂の女王!? ドゥラメンテ産駒2頭の対決が「密かな注目」を浴びるワケ
  9. 「ルメール×川田を買っておけば……」から様相一変!? “2強ムード”チャンピオンズC(G1)は鞍上に「不安」あり?
  10. 短距離馬ドレフォンが輩出した「異色のステイヤー」がステイヤーズS(G2)で重賞初挑戦!イクイノックス破ったジオグリフに続く活躍を期待