GJ > 競馬ニュース > エプソムC(G3)「2点」勝負!
NEW

エプソムC(G3)強気の「2点」勝負! ダイワキャグニー無視……「極秘ネタ」から「好配当」狙い!!

【この記事のキーワード】, ,
エプソムC(G3)強気の「2点」勝負! ダイワキャグニー無視......「極秘ネタ」から「好配当」狙い!!の画像1

 先週の安田記念(G1)は、関係者が「買わない理由がない」と高評価だった「☆モズアスコット(9人気)、○アエロリット(5人気)」がワンツー。スワーヴリチャード(3着)1着固定だったので的中を掴むことはできなかったが、次に繋がる結果だったと言えよう。今後も入手した「極秘ネタ」から挑み続けたいと思う。

「現場情報至上主義・ジェームスT」今週の大勝負は、10日(日)に開催されるエプソムカップ(G3)だ。

 1番人気には、ここまで10戦5勝。昨年の毎日王冠(G2)4着、今年2月の東京新聞杯(G3)3着と高い実績を誇るダイワキャグニーが推されることになるだろう。東京では4勝を挙げているなど、ココでは頭1つ上と考えるのが妥当だが……。

「旨味ある配当」を掴むために強気の「無視」。仕入れた「極秘ネタ」から選んだ渾身の勝負馬で「2点」勝負を決行しようと思う。

 本命「◎」に選んだのは、侮れない実力馬ハクサンルドルフ(牡5歳、栗東・西園 正都厩舎)だ。

 昨年10月の甲斐路Sを勝利し、オープン入りを果たした本馬。実績では劣るが、3歳時にはNHKマイルC(G1)で6着と好走している。メジャーエンブレム、ロードクエスト、レインボーラインという強豪が相手だったことを考えれば、評価できる結果だ。

 今年の初戦となった東京新聞杯も6着に敗れているが、メンバー中2番目とな上がり33.4秒の末脚を繰り出している点は見逃せない。超スローの流れの前に屈する形になったが、重賞でも十分に戦えることを示したと言えるだろう。

 前走の新潟大賞典(G3)も8着と大敗しているが、メンバー最速の上がり32.7秒をマーク。「最後までまともに追えなかった」と陣営は悔しがっていたものの、本馬の実力を再認識しているようだ。間違いなく、ココでの一発を狙っているだろう。

エプソムC(G3)強気の「2点」勝負! ダイワキャグニー無視……「極秘ネタ」から「好配当」狙い!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【スプリンターズS(G1)】何故「絶好調」ナムラクレアは敗れたのか。レース後、調整過程に起こった変革。まさかの5着に終わった昨年の裏事情とは
  2. 全国リーディング6位のトップ騎手が重賞1番人気「11連敗」の泥沼…菊花賞(G1)権利取り失敗の日本ダービー3着馬に黄色信号
  3. 天皇賞・秋(G1)「最強馬問題」がついに決着か、イクイノックスとドウデュースの直接対決がついに実現…ズバリ勝つのはどっち?【GJ読者アンケート】
  4. 東西最終レースに未来のダート女王候補登場か? 武豊主戦のインゼルレーシング所有馬とキャロットファームのドゥラメンテ産駒に熱視線
  5. スプリンターズS(G1)横山武史「史上2人目」大記録達成に王手! 相性抜群パートナーと臨む舞台で武豊、C.ルメール、川田将雅超えなるか
  6. 「武豊超え」に燃える横山典弘、スプリントG1・6勝の名伯楽が「横山マジック」に託す
  7. 凱旋門賞はなぜ「日本の夢」であり続けるか。「名馬の墓場」と世界から侮蔑の眼差しを受けた過去を乗り越えて 〜スルーセブンシーズの孤独な挑戦〜
  8. 1日5勝の川田将雅さえ霞む池添謙一のW神騎乗! 15番人気→10番人気でWIN5「歴代5位」4億2878万3320円演出&菊花賞切符ゲットの大仕事!
  9. 「将来が楽しみ」圧巻の勝ちっぷりに川田将雅も絶賛! イクイノックスの名門からまた新たな大物が出現、目指すは来年の三冠競走か
  10. 審議長引いた「斜行体当たり」も降着なし 横山武史「コメントしないから!」に現場騒然 「帰国」J.モレイラも心中複雑!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】