GJ > 競馬ニュース > 宝塚記念は波乱必至!  > 2ページ目
NEW

JRA上半期のクライマックス・宝塚記念は波乱必至!絶対にチェックすべき”激走穴馬”

【この記事のキーワード】, ,

 ”平成最後のダービー”といわれた第85回東京優駿(日本ダービー)は、福永祐一騎手騎乗のワグネリアンが優勝。福永騎手はデビューから20年で悲願のダービー優勝を成し遂げ、大きな話題となった。また、ワグネリアンのオーナーである金子真人氏は、通算ダービー4勝という栄誉を手に入れたのである。春のマイル王決定戦である安田記念は、フランケル産駒のモズアスコットが連闘(2週連続出走)で勝利と衝撃の強さを見せつけた。

 そしていよいよ今週末には、春競馬を締めくくるグランプリの宝塚記念が行われる。ファン投票1位はサトノダイヤモンドだが、同馬は1年以上勝利がなく、前哨戦の大阪杯も7着と敗退している。さらに、昨年の菊花賞馬・キセキも連敗中と、人気馬に不安があり、この春最大の難解レースともいわれている。加えて、宝塚記念は過去10年で1番人気がわずか2勝と波乱が続出しており、過去のデータと今年のメンバーから波乱は必至だろう。

 しかしこんな難解なレースを的中させることができれば、春競馬をキレイに締めくくるだけでなく、大きな副収入となることは間違いない。そこで、この宝塚記念を的中させたい競馬ファンに向け、とっておきの情報を紹介したい。

 それが最強の競馬関係者集団による「宝塚記念内部情報の無料提供」だ。この集団は、競馬関係者は誰もが知るであろう大物関係者が所属する「競馬セブン」である。

JRA上半期のクライマックス・宝塚記念は波乱必至!絶対にチェックすべき激走穴馬の画像2ヴィクトリアマイルは40万9000円の払い戻し!

 彼らは創業21年の歴史を持ち、徹底した現場主義で「騎手・調教師・生産界」から本物の内部情報を収集。総監督を務めるのは元JRA騎手でJRA競馬学校の教官も務めた徳吉一己氏。福永祐一騎手や池添謙一騎手などのトップジョッキーを育てた鬼教官として知られる。さらに、競馬記者暦40年以上の古川幸弘氏、名馬・タマモクロスを手掛けた小原伊佐美氏や嶋田潤氏といった元JRA調教師、元札幌馬主会理事の斉藤隆氏、元社台スタリオン荻伏場長の林勲氏など、トップ中のトップと言える関係者が所属。加えて全国の競馬施設を数百人規模の情報網でカバーし、万全の態勢で日々競馬情報を収集している。これまで、競馬界に貢献するだけでなく、この春はヴィクトリアマイル(4090円)やオークス(3360円)など多くの馬券的中というかたちで競馬ファンにも貢献してきた。その競馬セブンが、並々ならぬ決意でこの宝塚記念に挑むというのだ。

今回の無料提供企画は、夏競馬を盛り上げるためのものです。宝塚記念に多くの競馬ファンに参加していただき馬券を的中させ、その勢いで夏競馬も楽しんでほしいと考えています。これは多くの競馬関係者が考えることで、皆さんからも共感を得ています。だからこそ、本物の情報が集まってくるのです」(競馬セブン担当者)

 無料だからといっても、いい加減な情報ではない。その証拠に彼らはこの宝塚記念について以下のように語っている。

JRA上半期のクライマックス・宝塚記念は波乱必至!絶対にチェックすべき”激走穴馬”のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ドウデュース×武豊で有馬記念(G1)!?  【香港マイル】獲得賞金「イクイノックス超え」の最強マイラーが出走!世界最強イクイノックスよりも「高評価」を得た馬がまさかの低迷!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 【結果発表】「無敗三冠」ミックファイア×「武豊」ヤマニンウルス×「Mデムーロ」セラフィックコール! 3歳ダート3強の白熱バトル【GJ読者アンケート】
  3. ロードカナロア後継種牡馬に期待の新星が加入!その裏で「種牡馬リーディングトップ」は深刻な後継不足
  4. 【有馬記念】イクイノックス引退、リバティアイランド年内休養でも超豪華!皐月賞馬とダービー馬の激突も実現…最大の注目は「武豊ドウデュース」の復活?
  5. M.デムーロ「今回はさすがに飲んじゃった」無念の降板から朗報!コンビ継続で2年ぶりV狙うチャンピオンズC…「無敗の怪物バトル」まで負けられない?
  6. 主戦・武豊不在「代打ルメール」で2度目の王者返り咲き。「砂のディープインパクト」が魅せた不屈の闘志【競馬クロニクル 第33回】
  7. 武豊チャンピオンズC「前日」も痛い乗り替わり! 中距離路線の「新星」放出の危機?
  8. 「ユタカじゃないと乗りこなせない」レジェンドの降板がお手馬にも影響 武豊「騎乗不可」でも再登板は叶わず…チャンピオンズC(G1)主戦の川田将雅は他の馬に…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  9. 世界最強イクイノックスよりも「高評価」を得た馬がまさかの低迷!? 川田将雅も指摘の「ウィークポイント」克服で見出したい活路
  10. 【チャンピオンズC】「最強助っ人」とコンビ復活の3歳馬VS新・砂の女王!? ドゥラメンテ産駒2頭の対決が「密かな注目」を浴びるワケ