GJ > 競馬ニュース > 「疑惑」のJBCレディス  > 3ページ目
NEW

武豊を「激怒」させた地方騎手が心中を吐露……交流G1完全制覇を阻まれた「疑惑」のJBCレディスクラシック(G1)を振り返る

【この記事のキーワード】, ,

「2歳の夏にデビューして、6歳で引退するまでに通算19戦8勝。体質が弱いところもあって地方所属馬ながら、中央の良血馬と同じように大事に使われていました。それだけ期待が大きかったんだと思います。

もちろん、あのレースのララベルの走りが正当化されることはないですが、本馬が真島騎手ら陣営にとっても特別な馬だったことはインタビュー記事を読めば十分に伝わってきました」(同)

 ララベルはその後、今年2月のフェブラリーS(G1)を最後に引退。「無事に無事に。繁殖牝馬になればいいモノを持っているから、繁殖に上げたい」という主戦騎手の思いに導かれ、無事に競走生活を終えた。

 なお、繁殖初年度は今飛ぶ鳥を落とす勢いのロードカナロアを種付けした模様。血統的にも産駒の中央入りは濃厚で、いつか武豊騎手とコンビを組み、大きな”借り”を返す日が来るだろうか。

武豊を「激怒」させた地方騎手が心中を吐露……交流G1完全制覇を阻まれた「疑惑」のJBCレディスクラシック(G1)を振り返るのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  7. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  8. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  9. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  10. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分