GJ > 競馬ニュース > サートゥルナーリア「次」は
NEW

JRAサートゥルナーリア「次」はアーモンドアイ次第!? 「東京ネガティブ」も陣営はジャパンC参戦否定せずだ、が

【この記事のキーワード】, ,

JRAサートゥルナーリア「次」はアーモンドアイ次第!? 「東京ネガティブ」も陣営はジャパンC参戦否定せずだ、がの画像1

 

 27日に東京競馬場で開催された天皇賞・秋(G1)は、1番人気アーモンドアイが2着ダノンプレミアムに3馬身差をつける圧勝。G1馬10頭という超豪華決戦となったが、終わってみれば「最強女王」がその絶対性を誇示する結果に終わった。

 戦前「2強」の一角として大いに期待されたサートゥルナーリア(牡3 栗東・角居勝彦厩舎)は6着。道中は好位を追走、最後の直線では一瞬アーモンドアイ、ダノンプレミアム、アエロリットと横並びの激戦になるかと思われたが、インを突いたアーモンドアイにはあっさり突き放され、ダノンプレミアムには競り負け、一度は差したアエロリットには差し返された。その後は力尽きたように後方から伸びたユーキャンスマイル、ワグネリアンにも差されて6着敗退。明らかな力負けだったといえる。

 C.スミヨン騎手が「ゲートに入る前からカッカして、ずっと力みっぱなし」「芝の色が変わった部分で驚いたり、落ち着きがなかった」と語るように、レース以外の部分で体力を消耗してしまった部分も大きかったようだ。5月の日本ダービーで大観衆の声援やファンファーレなどで平常心を失ったのが敗因の一つといわれたが、やはり繊細な面があるのかもしれない。常にマイペース、どっしりとしたアーモンドアイとは対照的だったといえる。

 日本ダービーに続いての敗退に「東京は鬼門」という意見も多く出ているが、それも仕方なしか。前哨戦の神戸新聞杯ではライバルのヴェロックス、後の菊花賞馬ワールドプレミアを完膚なきまでに叩きのめすすさまじいパフォーマンスを示しただけに、そのギャップはあまりにも大きい。

 現状「次」は白紙状態となっているサートゥルナーリア。陣営も「年度代表馬」などにも大きく絡むこの舞台への気持ちは強かったに違いなく、今回の敗戦で慎重にならざるを得ない部分はあるだろう。

JRAサートゥルナーリア「次」はアーモンドアイ次第!? 「東京ネガティブ」も陣営はジャパンC参戦否定せずだ、がの画像2

 ただ、角居調教師は「オーナーと相談して決めたいと思います。東京は不安? そんなことは言ってられませんから」としており、明確に11月のジャパンC参戦を否定はしていない。再度の東京挑戦の可能性もあるかもしれない。

「日本ダービーと同じスタンド発走となるジャパンCですし、こうなると取捨の難しい馬になってきますね。能力が爆発した際は間違いなく現役トップクラスだけに……。

 一方、ジャパンCは昨年も制したアーモンドアイ陣営も『香港との両にらみ』で参戦可能性を残しています。サートゥルナーリアはキャロット、アーモンドアイはシルクなので、どちらも『ノーザン系』。2度のバッティングは避ける道もあるかもしれません。どちらかが2000mの香港C、どちらかがジャパンCで落ち着くのではないでしょうか」(競馬誌ライター)

 いずれにせよ、高い能力を持つ超良血馬。何とかV字回復への道を切り開いてほしい。

JRAサートゥルナーリア「次」はアーモンドアイ次第!? 「東京ネガティブ」も陣営はジャパンC参戦否定せずだ、がのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 「大躍進」のスワーヴリチャードに引けを取らない名種牡馬!?「海外制覇」フォーエバーヤングの活躍から見えるリアルスティール産駒の可能性
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. ドゥラメンテ産駒「ダート女王」がいよいよ戦列に復帰!「2度のすれ違い」を経て武豊と待望のコンビ実現へ