NEW

JRA横山典弘「落馬」息子たちの前で父の威厳示すハズが……まさかのアクシデントに思わず膝をパンッ!

【この記事のキーワード】,

JRA横山典弘「落馬」息子の進路を塞ぐ皮肉な結果に……父の威厳示すハズが、まさかのアクシデントに思わず膝をパンッ!の画像1

 26日に中山競馬場で行われた3Rの新馬戦は、新種牡馬ホッコータルマエ産駒のインパルスベルンが7馬身差の圧勝。レース後には鞍上の田辺裕信騎手が「強い勝ち方」と絶賛するド派手なデビューで、嬉しい産駒JRA初勝利を飾った。

JRA横山典弘「落馬」息子の進路を塞ぐ皮肉な結果に……父の威厳示すハズが、まさかのアクシデントに思わず膝をパンッ!の画像2

 一方、ヒヤリとする結果に終わったのが、パワフルスパート(牡2歳、美浦・的場均厩舎)に騎乗した横山典弘騎手だ。

 16頭で争われたダート1800mの一戦。中団からのレースとなったパワフルスパートだったが、4コーナーで急に外側へ逃避……隣を走っていたデリシュレーヌにタックルをお見舞いしてしまい、その衝撃で横山典騎手が落馬するアクシデントがあった。

「あれは名手・横山典騎手でも仕方ないですね……。ただVTRで振り返ると、逃避する寸前から、すでに気配があったのか、直前に本人が後方を確認しているのがわかります。

幸い横山典騎手は無事で、次のレースにも騎乗。落馬した際はヒヤリとしましたが、大きな問題にならなかったのは、一瞬の“準備”があった分かもしれません。落馬した後は、すぐに立ち上がって悔しそうに膝の辺りをパンッと叩いている姿が印象的でした。いずれにせよ、大きな事故に繋がらなかったのは不幸中の幸いでしたね」(競馬記者)

 横山典騎手といえば、明日のオールカマー(G2)ではミッキースワローに、来週のスプリンターズS(G1)でもダイアトニックという有力馬の騎乗が予定されているだけに、レースを観た関係者としても心配が増したに違いない。次のレース以降、元気に騎乗している姿にファンも一安心だろう。

 なお、逃避してしまったパワフルスパートには、JRAから10月18日までの出走停止処分が下っている。処分後は平地調教再審査となる。かつて関東の名手として鳴らした的場均調教師と、同じく関東でしのぎを削った横山典騎手、オールドファンには胸熱のコンビ結成だったが“パワフルなスパート”は次走以降にお預けとなってしまったようだ。

 また、このレースには横山典騎手の息子となる横山武史騎手、横山和生騎手も参戦。それも武史騎手が1番人気、和生騎手が2番人気に騎乗と、横山典騎手としては、父として改めて威厳を示したかったレースだったに違いない。

 落馬後、横山典騎手が思わず膝を叩いたのは、馬を御し切れなかった悔しさか、それとも息子たちの前で無様な姿を晒してしまったからか、はたまた……。

JRA横山典弘「落馬」息子たちの前で父の威厳示すハズが……まさかのアクシデントに思わず膝をパンッ!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  2. 名コンビ・吉田隼人×ソダシは「なぜ」解散に至ったのか。D.レーン→川田将雅「勝利至上主義」に走った陣営の裏事情
  3. 日本ダービー「69年ぶり」テン乗り制覇の裏で涙をのんだ前任騎手…「この馬の能力を出せず申し訳ありません」ドン詰まり不完全燃焼のリベンジへ
  4. 安田記念(G1)「警報級大雨」でソダシやばし!? ジャックドールと「共倒れ」の危機
  5. 「若手の筆頭株」とソダシの元主戦の間に亀裂!? 安田記念(G1)ガイアファースに騎乗も…2人揃ってエージェント変更を迫られた舞台裏
  6. 「武豊×ウオッカ」以来の偉業に挑む戸崎圭太、“府中の鬼”ソングラインの連覇あるか
  7. 安田記念(G1)武豊「マイル進言」も課題山盛り!? 勝てばウオッカ以来14年ぶり…ジャックドールが露呈した「致命的な弱点」とは
  8. ジョッキーカメラ「非公開」に疑問の声…注目度MAXでまさかの音沙汰なし、「お蔵入り」濃厚にファンから賛否両論
  9. 北島三郎オーナーが激怒か……キタサンブラックを「邪魔」したアノ馬に「勝てもしないくせに」?
  10. 日本ダービー「30年ぶり」落馬の坂井瑠星に吉兆サイン!? ドゥラエレーデは宝塚記念(G1)を視野…ダービージョッキー予感させる偉大な先輩の足跡