GJ > 競馬ニュース > 松山弘平「騎乗停止」で桜花賞・皐月賞アウト!
NEW

JRA松山弘平「騎乗停止」で桜花賞・皐月賞アウト! 先週武豊に迫る11勝大爆発も痛恨の戦線離脱……

【この記事のキーワード】, ,

RA松山弘平「騎乗停止」で桜花賞・皐月賞アウト! 先週武豊に迫る11勝大爆発も痛恨の戦線離脱……の画像1

 好事魔多しとは、まさにこのことなのだろうか。

 27日、中山競馬場で行われた日経賞(G2)は4番人気のウインマリリンが優勝。若手代表格の横山武史騎手は、これが今年重賞3勝目と充実のシーズンを送っている。

 その一方で、そんな横山武騎手以上に充実したシーズンを送っているのが、2着カレンブーケドール(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)の松山弘平騎手ではないだろうか。

 昨年、デアリングタクトと史上初の牝馬無敗三冠を成し遂げ、一気にブレイクした感のある松山騎手。今年もここまで重賞2勝を含む40勝を挙げると、リーディングは絶対王者C.ルメール騎手に次ぐ2位。いよいよトップジョッキーの仲間入りを果たしている印象だ。

 伴って、周囲の関係者の信頼も右肩上がりに上昇。今回の悩めるシルバーコレクター・カレンブーケドールの騎乗依頼も、まさに松山騎手の手腕が買われての抜擢に他ならない。

「残念ながら、期待された日経賞では通算7度目の2着と、カレンブーケドールを勝利に導くことは叶いませんでした。ですが、前走の有馬記念(G1)が自己ワーストの5着に終わっていたことを考慮すれば、上々の滑り出しだと思います。4コーナーで落ち着いてインを突いた辺りは、さすがの騎乗でした」(競馬記者)

 しかし、この日はそんな充実のイケメンジョッキーに思わぬ“落とし穴”が待っていたようだ。

JRA松山弘平「騎乗停止」で桜花賞・皐月賞アウト! 先週武豊に迫る11勝大爆発も痛恨の戦線離脱……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」