GJ > 競馬ニュース > 先週12番人気1着「サイン」でフェブラリーS(G1)も大楽勝!? アフリカンゴールドの激走を導き出した“北京五輪サイン”の狙いは実績抜群の穴馬
NEW

JRA先週12番人気1着「サイン」でフェブラリーS(G1)も大楽勝!? アフリカンゴールドの激走を導き出した“北京五輪サイン”の狙いは実績抜群の穴馬

JRA先週12番人気1着「サイン」でフェブラリーS(G1)も大楽勝!? アフリカンゴールドの激走を導き出した北京五輪サインの狙いは実績抜群の穴馬の画像1
アフリカンゴールド

 京都記念(G2)でアフリカンゴールドがアッと驚く逃げ切りを見せた時、ほとんどの競馬ファンはまさかと思ったに違いない。

 一方で気付いたファンもいただろう。「ここでオリンピック馬券炸裂か」と。

 競馬は世相を反映すると言われているが、今現在大きな話題となっているのは、中国で開催されている2022年北京冬季オリンピックだ。日本はこれまで冬季オリンピックで過去最多のメダルを獲得し、男子フィギュアの羽生結弦選手や、女子スキージャンプの高梨沙羅選手たちが注目を集め、大きな話題を呼んでいる。

 そして京都記念を制したアフリカンゴールドは、すなわち「ゴールド=金=金メダル」という、まさしくオリンピックがサインだったといえるのだ。

 しかも、先週のJRAは「ゴールド」を名前に持つ馬が、4頭も馬券に絡んでいるのである。アフリカンゴールドが12番人気で1着、クロスオブゴールドが6番人気3着、さらに土曜阪神最終レースではメガゴールドとゴールドハイアーの「ゴールド」2頭でワンツーフィニッシュというのだから、オリンピック馬券を予見していたファンからすれば、たまらない週末だったといえよう。


■先週馬券に絡んだ「ゴールド」馬

アフリカンゴールド
2/13 阪神11R 京都記念(G2)
12番人気 1着

クロスオブゴールド
2/13 小倉3R 3歳未勝利
6番人気 3着

メガゴールド
2/12 阪神12R 4歳以上2勝クラス
3番人気 1着

ゴールドハイアー
2/12 阪神12R 4歳以上2勝クラス
1番人気 2着


 当然のことながら、北京オリンピックが閉幕する2月20日に行われるフェブラリーS(G1)も、この流れを無視できない。フェブラリーSでは、どんなオリンピック馬券が飛び出すのだろうか。

JRA先週12番人気1着「サイン」でフェブラリーS(G1)も大楽勝!? アフリカンゴールドの激走を導き出した北京五輪サインの狙いは実績抜群の穴馬の画像2
サンライズノヴァ

 まず重要なキーワードは当然「ゴールド」の名前を持つ馬だ。だが出走する16頭にはゴールドの名前を持つ馬は見当たらない。しかしじっくり見てみると、隠れるように存在しているのだ。それがゴールドアリュール産駒の「サンライズノヴァ」である。

 今回の出走メンバーを見ると、父や母、そして母の父まで確認しても「ゴールド」の名前を持つ馬は他にいない。つまりサンライズノヴァこそが、まさに盲点となったオリンピックに連動した狙い馬と言っていいだろう。

 同馬は東京ダート1600mを大の得意としており、全10勝中5勝がこの条件で、これはメンバー中最多の勝利数。内容も濃く武蔵野S(G3)を2勝、ユニコーンS(G3)を勝利と重賞を3勝もしている。

 フェブラリーSも過去4回出走し、4着→7着→3着→11着という内容。11着の昨年は出遅れがすべてで力負けではない。その後、勝ち星から離れているが、3走前のJBCスプリント(G1)では2着に好走。さらに距離が長いと思われたチャンピオンズC(G1)でも、5着と上々の内容だった。衰えを感じさせないどころか、完全に復調した感もある。

 今回は久々の東京マイル戦。どの馬よりもこのコースを得意としているサンライズノヴァこそが、このフェブラリーSで注目すべき北京オリンピックのサイン馬と言えるのだ。

 なお相手に関して言えば、冬季オリンピックゆえに「雪」をイメージさせる白毛のソダシや、開催地の中国カラーである赤の「3枠」。そして「金」から始まる「“キン”グカメハメハ産駒」のエアスピネル、ダイワキャグニーにも注意したいところ。

 ちなみに前回の「冬季平昌オリンピック」開催年に行われた2018年フェブラリーSでも、2着にゴールドドリームが好走しているし、「冬季ソチオリンピック」の2014年では、ゴールドアリュール産駒のコパノリッキーが16番人気で1着、キングカメハメハ産駒のホッコータルマエとベルシャザールが2~3着。さらに「冬季バンクーバーオリンピック」の2010年でもゴールドアリュール産駒のエスポワールシチーが勝利している。やはりフェブラリーSと冬季オリンピックは密接な関係がある?といえる。

 今年のフェブラリーSは「北京オリンピック」馬券で勝負したい。

JRA先週12番人気1着「サイン」でフェブラリーS(G1)も大楽勝!? アフリカンゴールドの激走を導き出した“北京五輪サイン”の狙いは実績抜群の穴馬のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  3. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  4. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  5. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  6. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  7. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  8. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に