NEW

「半信半疑」横山武史を驚かす「想像以上」のデビューV! 功労馬引退の厩舎からオークス候補が登場

【この記事のキーワード】, ,
「半信半疑」横山武史を驚かす「想像以上」のデビューV! 功労馬引退の厩舎からオークス候補が登場の画像1
横山武史騎手 撮影:Ruriko.I

 22日に中山競馬場で行われた6Rの3歳新馬は、2番人気のピクシレーション(牝3、美浦・菊沢隆徳厩舎)がデビュー勝ち。前日12Rで2勝目を挙げた姉のハイエスティームに続き、姉妹揃って存在感を示す連日の勝利となった。

 17頭立て芝2000mのレース。手綱を取った横山武史騎手が「しまいを生かしてくれという先生からの指示」と明かした通り、五分のスタートを切ったピクシレーションは道中で中団外目を追走する。

 楽な手応えで4コーナーにかけて徐々に追い上げると、鞍上に促されながら最後の直線へ。残り200m付近で1番人気のダールフルートが抜け出したところを内から掬うように交わし、最後はライバルに1馬身半差をつけてゴールした。

「半信半疑」横山武史騎手を驚かす「想像以上」のデビューV!

「勝ちタイムこそ目立ちませんが、センスが光る好内容でしたね。横山武騎手も返し馬の際には『まだまだ体が使い切れていない』『若干伸びて走る馬なので切れ味は半信半疑』と感じていたようですが、良い意味で予想外の結果に『想像以上の切れ味でした』『新馬らしからぬ勝ち方』と絶賛していました。

デビューが2000mだったことを考えると、この先は桜花賞(G1)というより、フラワーC(G3)やフローラS(G2)経由でオークス(G1)が大目標になるでしょうか。いずれにせよ、まだまだ伸びしろがありそうなので、先々も本当に楽しみです」(競馬誌ライター)

 また、ピクシレーションを管理する菊沢厩舎にとっても、今回は嬉しい勝利だったかもしれない。

 菊沢厩舎といえば、エプソムC(G3)制覇や毎日王冠(G2)2着など活躍したダイワキャグニーが18日付けで競走馬登録を抹消したばかり。長年厩舎を支えた功労馬だっただけに、新たな看板候補が待たれる状況だ。

 そんな中で、ダイワキャグニー引退後の初勝利となったのが、今回のピクシレーションだった。内容も良かった上に、関東のトップジョッキーである横山武騎手が絶賛した逸材ともなれば、厩舎の新たな顔としての期待が高まる。

 レース後には「精神面も牝馬にしては強いし、本当に優秀」と愛馬を称えつつ、「牝馬の長い距離を選んでいきたい」と今後の目標についても語った菊沢調教師。見据える先は、やはり芝2400mのオークスだろうか。ダイワキャグニーに代わって厩舎を牽引するのは、この若駒かもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「半信半疑」横山武史を驚かす「想像以上」のデビューV! 功労馬引退の厩舎からオークス候補が登場のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  2. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  3. 武豊「偉業達成」の裏で空気一変!? 関西の名手が「負の連鎖」断ち切る快勝でドウデュースやエフフォーリアも油断禁物?
  4. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  5. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  6. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補
  7. お馴染み・細江純子氏の「暴走」が止まらない! 「私はサセコ」のぶっちゃけ発言に競馬ファン愕然
  8. JRA 岩田康誠「即日騎乗停止」でもはや四面楚歌!? 擁護の声は皆無に等しい日常の言動、関係者も危惧していた先輩騎手からの“後輩いびり”
  9. JRA大物離脱に鞍上交替…「風雲急を告げる」フェブラリーS(G1)、持っている騎手と持っていなかった騎手に「痛過ぎる」明暗
  10. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…