GJ > 競馬ニュース > 宝塚記念(G1)団野大成「謎降板」に関西若手のエースが関係!? 武豊の不可解な登場と突然のフリー発表…関係者を激怒させた「素行不良」の舞台裏
NEW

宝塚記念(G1)団野大成「謎降板」に関西若手のエースが関係!? 武豊の不可解な登場と突然のフリー発表…関係者を激怒させた「素行不良」の舞台裏

【この記事のキーワード】, ,
宝塚記念(G1)団野大成「謎降板」に関西若手のエースが関係!? 武豊の不可解な登場と突然のフリー発表…関係者を激怒させた「素行不良」の舞台裏の画像1
団野大成騎手 撮影:Ruriko.I

 当初、宝塚記念(G1)でジェラルディーナに騎乗を予定していた団野大成騎手だが、自身の不真面目な行動で師匠の斉藤崇史調教師の怒りを買い、G1に騎乗するチャンスを失うことになった。

 本件についての詳細は前回の記事内で触れたが、一見不可解に映る乗り替わり劇の裏に自業自得といわれても仕方ない部分があったことも確かである。しばらくぶりにサンデーレーシングの所有馬でG1に挑む武豊騎手としては、若手騎手の自滅によって舞い込んだチャンスとなった。

 競馬界のレジェンドは、1989年にイナリワンで宝塚記念初勝利を挙げると、93年にメジロマックイーン、97年にマーベラスサンデー、2006年にディープインパクトで優勝。歴代最多となる4勝を挙げている。有力馬と挑む相性のいいレースだけに、17年ぶりに勝利する可能性もありそうだ。

 自らの過ちで降板となった団野騎手は、事情を知る記者の話によれば同期の若手騎手らと歓楽街で夜な夜な飲み歩いた結果、度重なる寝坊や遅刻によって乗り替わりとなり、その発表を境に自厩舎の馬に乗せてもらえていない。幸い追い切りなどは任されているようで、絶縁や追放のような最悪の事態は回避できたようだ。

 こちらについては、師匠の斉藤調教師による“お仕置き”といったところだが、団野騎手と一緒にハメをはずしてしまった飲み仲間の方は、お灸をすえられる程度では済まなかった。

関係者を激怒させた「素行不良」の舞台裏

宝塚記念(G1)団野大成「謎降板」に関西若手のエースが関係!? 武豊の不可解な登場と突然のフリー発表…関係者を激怒させた「素行不良」の舞台裏の画像2
岩田望来騎手 撮影:Ruriko.I

「実は団野騎手と夜遊びをしていたのが、関西若手のエース格である岩田望来騎手だったんです。同騎手も団野騎手と同じく当初はNHKマイルC(G1)でドルチェモアとのコンビが発表されていたものの、陣営から後に三浦皇成騎手への乗り替わりが発表されました。

この原因と見られているのは、オーナーであるスリーエイチレーシングの飲み会を『今は競馬のために飲酒を控えているので』と断っていたにもかかわらず、実際は飲み歩いていたことがバレて関係者が激怒。その結果、降板を告げられたということでしょう」(競馬記者)

 それどころか岩田望騎手はデビューから目を掛けてもらっていた藤原英昭厩舎から独立してフリーに転身。全国騎手リーディングでトップ10に入る関西若手のエース的存在がフリーになることは不自然ではないといえ、突然に思えるタイミングの発表には、事実上の“追放”という意味合いが含まれていたとしても不思議ではないだろう。

 近年、世代交代を感じさせる若手騎手の活躍が目立っているとはいえ、競馬以外のことに気を取られて仕事を蔑ろにすると、アッという間に関係者の信頼を失うことになりかねない。

 先日も競馬開催中にスマートフォンの不適切使用で謹慎していた6人の若手騎手たちの復帰があったばかり。まだまだ遊びたい盛りの20代でもあり、若くして大金を手にする彼らの気が緩むのも分かるが、調子のいい時こそ今一度気を引き締める必要もある。

「過去にもブレイクしそうなところから、素行不良をきっかけに凋落していった騎手を何人も見てきた」とは裏事情を教えてくれた記者の言葉。今回の一件を教訓として、さらなる活躍に期待したい。

高城陽

大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

宝塚記念(G1)団野大成「謎降板」に関西若手のエースが関係!? 武豊の不可解な登場と突然のフリー発表…関係者を激怒させた「素行不良」の舞台裏のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」