GJ > 競馬ニュース > 武豊をキャリア2年目に上回った中堅騎手が「5ヶ月ぶり」の祝杯! 「単勝176.4倍」シンガリ人気馬と圧巻の逃走劇で大型連敗にピリオド
NEW

武豊をキャリア2年目に上回った中堅騎手が「5ヶ月ぶり」の祝杯! 「単勝176.4倍」シンガリ人気馬と圧巻の逃走劇で大型連敗にピリオド

【この記事のキーワード】, ,

武豊をキャリア2年目に上回った中堅騎手が「5ヶ月ぶり」の祝杯! 「単勝176.4倍」シンガリ人気馬と圧巻の逃走劇で大型連敗にピリオドの画像1

 超穴馬とのコンビで、久々の祝杯だ。

 27日、小倉10Rに行われた九州スポーツ杯(2勝クラス)は、大逃げを打った16頭立て16番人気グラストンベリー(牝4歳、栗東・藤岡健一厩舎)と川須栄彦騎手のコンビが、そのまま後続に5馬身差をつけて圧勝した。

 誰もが度肝を抜かれる逃走劇だった。グラストンベリーは今年に入り3戦し、3走とも二桁着順。すべて勝ち馬から3秒前後も離された大惨敗だった。今回はハンデ戦で斤量52キロだったとはいえ、近走を考えると単勝176.4倍の最低人気だったのも無理はない。

圧巻の逃走劇で大型連敗にピリオド

 ダート1700mで争われたレース。2枠4番から抜群のスタートダッシュを決めたグラストンベリーと川須騎手は、迷うこと無くハナを奪う。同馬が刻んだ1000m通過タイムは58秒8のハイペースだったこともあり、3コーナー過ぎからは大逃げの形となった。

 かなり飛ばしていた上、人気もシンガリだけに、そのうち脚を失くすと想定したファンも多かったかもしれない。しかし4コーナーでさらに後続との差を拡大したことで、場内もにわかにざわつき始める。直線に入ってもセーフティリードを保ったまま後続に影すら踏ませず、まんまと逃げ切ってしまった。

「今年に入って見せ場すら作れていなかったグラストンベリーが、まさかここまで一変するとは……。殊勲の川須騎手がレース後『クラスが上がってから楽についていけず、苦しい競馬が続いていた』と話した通り、今回は初の1700mに距離を延ばしたのが功を奏したのでしょう。

ちなみにグラストンベリーは、ここまでハナを奪ったときは3戦2勝と好成績だったんですよ。気づいたときには、すでに後の祭りでしたが」(競馬誌ライター)

 超穴馬の圧巻の逃げ切り勝ちには、ネットの掲示板やSNSなどに「まさかこの馬が逃げ切るとは」「こんなのどうやって予想すればいいのか」といった驚愕の声が上がったのも当然だろう。また鞍上の川須騎手に対しては「見事な逃げ切り勝ちだった」「久々の勝利おめでとう!」といった祝福のコメントが寄せられた。

 というのも、川須騎手は今年3月に勝って以来、これが実に5ヶ月ぶりの白星。「117」まで伸びていた連敗街道を、ようやくストップさせることとなった。

 ちなみに同騎手は、小倉競馬場のある福岡県の出身。故郷での勝利は昨年の北九州記念(G3)以来、およそ1年ぶりにもなっただけに、喜びもひとしおだったに違いない。

「今年で騎手生活14年目を迎えている川須騎手は、デビュー2年目に91勝をあげ、関西リーディングで武豊騎手を上回る順位に入ったほどの実力の持ち主。近年はやや勝ち星が伸び悩んでいるみたいですが、腕があることは間違いないだけに、ここから徐々に盛り返していってほしいですね」(同)

 久々の祝杯をあげた川須騎手も、レース後には「正直びっくりです」「こんなに強いとは思いませんでした」と話すなど、グラストンベリーの激走におどろいた様子だ。

 ただ「この馬のリズムで行くことだけを考えていました」とも話したことから、戦前から思い描いた通りの競馬ができたのではないだろうか。このコンビが引き続きダート戦線を賑わせてくれることを期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊をキャリア2年目に上回った中堅騎手が「5ヶ月ぶり」の祝杯! 「単勝176.4倍」シンガリ人気馬と圧巻の逃走劇で大型連敗にピリオドのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  4. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  8. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  9. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  10. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野