GJ > 競馬ニュース > 武豊期待のクラシック候補が軒並み敗戦…超大物シンエンペラーが打ち破りたい「不吉な傾向」とは
NEW

武豊期待のクラシック候補が軒並み敗戦…超大物シンエンペラーが打ち破りたい「不吉な傾向」とは

【この記事のキーワード】, ,
武豊期待のクラシック候補が軒並み敗戦…超大物シンエンペラーが打ち破りたい「不吉な傾向」とはの画像1
撮影:Ruriko.I

 25日に行われた京都2歳S(G3)は、1番人気に推されたシンエンペラー(牡2歳、栗東・矢作芳人厩舎)が優勝。全兄に凱旋門賞馬ソットサスを持つ世界的良血馬が、わずか2戦目で重賞タイトルをものにした。

 シンエンペラーは1コーナーで頭を上げるなど幼い面を見せると、向正面では後方2番手の位置取り。先行抜け出しで勝った初戦とはまるで違う競馬となり、勝負どころの4コーナーから直線入り口にかけても馬群に包まれたままだった。

 それでもわずかなスペースを見つけると、しっかりと脚を伸ばし、最後は半馬身差でゴール。決してスムーズな競馬ではなかったが、それでも勝ち切ったあたり流石としかいいようがない。

 騎乗したJ.モレイラ騎手もレース後「能力が高い馬にしかできない勝ち方をしてくれました」と、パートナーの力を絶賛。管理する矢作師も「伸びしろはまだまだある」と話し、問題がなければ次はホープフルS(G1)と明言。年末はもちろん、来春のクラシックでも最有力候補の1頭になったことは間違いないだろう。

 ただ、そんな超大物シンエンペラーにはやや気になる点もある。

打ち破りたい「不吉な傾向」とは…

 というのも同馬が制した京都2歳Sだが、重賞に格上げとなった2014年以降、勝ち馬が翌年クラシックホースとなった例が一度もない。またシンエンペラーと同じく無敗で制した馬は3頭いたのだが、3頭ともになぜか次走で敗れるという不吉な傾向まで存在している。

 ちなみに無敗で制した馬はマイラプソディ、グレイル、ドレッドノータス。奇しくも京都2歳Sでは3頭ともに武豊騎手が手綱を握っていた。レース後にはそれぞれ「まだまだ伸びそうなところがある(マイラプソディ)」「素質を感じます(グレイル)」「能力の高さが感じられる(ドレッドノータス)」などと、翌春に向けて期待のコメントを残していたのだが、そんなクラシック候補たちが揃いも揃って次走で敗れているのである。

 そのようなこともあってか、ほぼ同時期に開催される東京スポーツ杯2歳S(G2)が出世レースと言われているのに対し、京都2歳Sからは特にそのような声が聞かれてはこない。

「マイラプソディやグレイルも京都2歳Sを勝ったあたりでは超大物と囁かれ、次走でも単勝1倍台に支持されていたものの、敗れているのは確かに不吉ですね。ただシンエンペラーは今年の京都2歳Sをレースレコードで勝利。そのため過去の勝ち馬よりもかなり期待が持てるのではないでしょうか。

また京都2歳Sですが重賞になる以前は、皐月賞(G1)を制するヴィクトワールピサや、菊花賞馬エピファネイアなどクラシックホースを輩出しています。重賞に格上げとなってからはまだ歴史が浅いので、これからどんどん活躍馬が出てきても不思議ではないでしょう」(競馬誌ライター)

 果たしてシンエンペラーは不吉な傾向を打ち破り、3連勝を飾れるだろうか。同馬の活躍次第では、これから京都2歳Sも出世レースと呼ばれることになるかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊期待のクラシック候補が軒並み敗戦…超大物シンエンペラーが打ち破りたい「不吉な傾向」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か