GJ > 競馬ニュース > C.ルメール「定位置返り咲き」に確定ランプ? 川田将雅は香港遠征で逆転の望み遠のく…再奪首の可能性を握るのはイクイノックスの存在か
NEW

C.ルメール「定位置返り咲き」に確定ランプ? 川田将雅は香港遠征で逆転の望み遠のく…再奪首の可能性を握るのはイクイノックスの存在か

C.ルメール「定位置返り咲き」に確定ランプ? 川田将雅は香港遠征で逆転の望み遠のく…再奪首の可能性を握るのはイクイノックスの存在かの画像1
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 昨年、143勝を挙げて待望のリーディングジョッキーのタイトルを手に入れた川田将雅騎手。日本人騎手としてトップを取り返したいという想いが現実となり、自著である『頂への挑戦 負け続けた末につかんだ「勝者」の思考法』も話題を集めた。

 目標となるのは2年連続での戴冠だが、先週の開催終了時点で158勝を挙げてトップのC.ルメール騎手に対し、142勝で2位の川田騎手は16勝差をつけられている状況。それでも4週間を残した段階で昨年の勝ち数と1勝しか変わらないのだから、川田騎手が急激に調子を落とした訳でもなさそうだ。

 むしろ昨年を凌ぐペースで勝利を量産しているといえるのだが、今週末には香港国際競走への遠征も控えており、国内で騎乗するルメール騎手との差は、さらに開く可能性もあるだろう。

 その一方で、川田騎手が悲願のリーディングジョッキーを獲得した昨年は、天敵といえるルメール騎手がJRAに所属した2015年の112勝すら下回る109勝だった点は、思い出しておきたい。

 2014年から16年に3年連続でリーディングジョッキーだった戸崎圭太騎手の牙城を崩したルメール騎手が、トップの座を手にして以降、17年から5年連続で王座を守り続けていたものの、意外なことに昨年に限っては首位陥落どころか5位に低迷。見方によっては川田騎手が倒したというよりも、ルメール騎手が「例年ほど活躍していなかった」ともいえる。

 突然の成績低下について、直接的な因果関係があったかどうかはわからないが、一部で囁かれたのは、絶対的なパートナーだったアーモンドアイの引退である。本馬はルメール騎手が「僕の家族」と評したほど強い思い入れのあった馬。お手馬の引退で主戦騎手も燃え尽きたような感覚に陥った可能性もある。

 とはいえ、実際のところ同馬の引退は20年のこと。21年にリーディングを独走したのだから、そこまで大きな影響はなかったと見るべきだ。無理を承知でひとつだけ言えることがあるとすれば、アーモンドアイ引退の2年後になぜか成績が落ちたというだけか。

C.ルメール「定位置返り咲き」に確定ランプ? 川田将雅は香港遠征で逆転の望み遠のく…再奪首の可能性を握るのはイクイノックスの存在かの画像2
イクイノックス 撮影:Ruriko.I

再奪首の可能性を握るのはイクイノックスの存在か

 そんなルメール騎手の再浮上に大きく貢献したのが、先日に引退が発表されたイクイノックスの存在だ。事実上のラストランとなったジャパンC(G1)では、レース後に涙ぐむシーンも見られた。

 天皇賞・秋(G1)の後には、ルメール騎手もイクイノックスに対し「自分にとって大事な馬。だんだん、家族に入ってきた。世界的に有名な、スーパースターになった」と評価していた。

 続くジャパンCも圧勝したことで、いまやイクイノックスもアーモンドアイと遜色ない評価を得たはずだ。それだけに再び燃え尽きてしまった感覚に陥る可能性も十分にあるだろう。

 2度目のリーディングを狙いたい川田騎手にとって、定位置返り咲きに現実味を増したライバルは非常に厄介な相手だ。

 しかし、アーモンドアイ引退の2年後にルメール騎手が、突然調子を落としたことを考えれば、イクイノックス引退も来年再来年に謎の低迷があるサインとなるかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

C.ルメール「定位置返り咲き」に確定ランプ? 川田将雅は香港遠征で逆転の望み遠のく…再奪首の可能性を握るのはイクイノックスの存在かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か