GJ > 競馬ニュース > ダート王レモンポップの「ゴドルフィン×坂井瑠星」がコンビ結成!ボンドガール、チェルヴィニア、コラソンビートら「伝説の新馬戦」6着馬の逆襲なるか
NEW

ダート王レモンポップの「ゴドルフィン×坂井瑠星」がコンビ結成!ボンドガール、チェルヴィニア、コラソンビートら「伝説の新馬戦」6着馬の逆襲なるか

ダート王レモンポップの「ゴドルフィン×坂井瑠星」がコンビ結成!ボンドガール、チェルヴィニア、コラソンビートら「伝説の新馬戦」6着馬の逆襲なるかの画像1
撮影:Ruriko.I

昨年の「伝説の新馬戦」6着馬に逆襲の気配

 2023年の競馬開催が幕を閉じ、いよいよ2024年がスタート。初週は3日間開催で行われ、中山金杯(G3)、京都金杯(G3)といった名物ハンデ重賞や、フェアリーS(G3)、シンザン記念(G3)の世代限定重賞がスタンバイ。いずれも混戦模様で、馬券的には面白い一戦になりそうだ。

 昨年のトレンドを振り返ると「牝馬の活躍」が挙げられる。

 現古馬では、牝馬三冠を制したリバティアイランドをはじめ、スターズオンアースやソングラインといった強豪牝馬が相次いで登場し、牡馬相手に大活躍を見せた1年であった。

 明け3歳馬にもそのトレンドは顕著だ。先日のホープフルS(G1)を制したレガレイラや、朝日杯フューチュリティS(G1)で牡馬相手に3着に好走したタガノエルピーダ、その他にもボンドガールやチェルヴィニア、阪神ジュベナイルF(G1)を制したアスコリピチェーノなど、大物揃いの様相である。

 同じコースで行われた昨年の阪神JFと朝日杯FSを比較しても、阪神JFのタイムが1秒2も速く、牝馬の能力の高さを裏付ける結果となった。

 そして今週のフェアリーSには、阪神JFで人気を分け合ったキャットファイト(牝3歳、美浦・上原博之厩舎)が出走予定である。

 同馬は昨年6月に芝1600mの新馬戦でデビュー。このレースは1~3着馬がボンドガール、チェルヴィニア、コラソンビートといった後に重賞で勝ち負けする素質馬が揃った「伝説の新馬戦」であった。

 キャットファイトは6着に敗れてしまったものの、真価を発揮したのは2走前のアスター賞(1勝クラス)である。レースでは3番手から上がり3ハロン2位に0.8秒もの差をつける快勝劇を見せつけ、昨年の「伝説の新馬戦」に箔をつけた。

 しかし、4番人気に支持された前走の阪神JFでは好スタートを切るも徐々に位置が下がってしまい、後方のままレースを終えてしまった。レース後、大野拓弥騎手は「大きい舞台でイレ込んでしまって、体力を使ってしまった」と気性面を敗因に挙げている。

「ゴドルフィン×坂井瑠星」がコンビ結成!

ダート王レモンポップの「ゴドルフィン×坂井瑠星」がコンビ結成!ボンドガール、チェルヴィニア、コラソンビートら「伝説の新馬戦」6着馬の逆襲なるかの画像2
坂井瑠星騎手 撮影:Ruriko.I

 今回は昨年大活躍だった坂井瑠星騎手にバトンタッチ。この乗り替わりには、レモンポップでのチャンピオンズC(G1)の騎乗ぶりがオーナーのゴドルフィンからも高く評価された結果かもしれない。

 大外枠の不利を跳ね返した華麗な逃亡劇には、ゴドルフィンの日本での馬産を担うダーレー・ジャパン株式会社の福田洋行取締役も「完璧な騎乗でしたし、自信を持って乗ってくれました」と坂井騎手を絶賛している。

 果たして、レモンポップを春秋ダート王に導いた坂井騎手は、キャットファイトでも結果を残せるだろうか。「伝説の新馬戦」で先着を許したライバルたちが待つ春のクラシックへ、ここは結果が欲しい戦いだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ダート王レモンポップの「ゴドルフィン×坂井瑠星」がコンビ結成!ボンドガール、チェルヴィニア、コラソンビートら「伝説の新馬戦」6着馬の逆襲なるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」