GJ > 競馬ニュース > 「完全に騎手のミス」「勝ちまであった」矢作師が愛弟子にブチ切れ? 超新星の動向が新ダート三冠路線のカギ? 三冠牝馬リバティアイランド&菊花賞馬ドゥレッツァ! 新王者ドゥラメンテが最有力も…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
NEW

「完全に騎手のミス」「勝ちまであった」矢作師が愛弟子にブチ切れ? 超新星の動向が新ダート三冠路線のカギ? 三冠牝馬リバティアイランド&菊花賞馬ドゥレッツァ! 新王者ドゥラメンテが最有力も…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】

【この記事のキーワード】, ,
「完全に騎手のミス」「勝ちまであった」矢作師が愛弟子にブチ切れ? 超新星の動向が新ダート三冠路線のカギ? 三冠牝馬リバティアイランド&菊花賞馬ドゥレッツァ! 新王者ドゥラメンテが最有力も…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1
撮影:Ruriko.I

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。年末年始は特別編で盛り上がった【人気記事ぶった斬り!】は、今回から2024年のレギュラー連載が始動する。今週も人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

デスク「Y」:いや、まいったね。まさか年末に体調不良でぶっ倒れるとは……。

ライター「A」:本当ですよ。昨年12月29日に掲載する予定だったラストの対談記事がとんじゃいましたからね。

デスク「Y」:ホープフルS(G1)では密かに狙っていたサンライズジパングが3着に入ったので、やったぜ、2023年最後は的中で締めくくれたって報告しようとしたのに……。

ライター「A」:あら、素晴らしい。そんな人気薄を押さえたってことは馬券だけは取ったのでは?

デスク「Y」:いんや、寝ていたら馬券買う前にレースが終わってたよ……。サンライズジパングの激走を後で知った時の悲しさといったら筆舌に尽くし難い! ってことで好調気配なので今年は馬券も頑張りまっす!

ライター「A」:そんなこと言っても、来週には、『みんな〜、東西金杯の結果を聞きたいか~い? ザンパイ~~~~(IKKO風)』とか言ってるんでしょ。

デスク「Y」:うわっ……。なにその寒い挨拶……。新年早々やめてよね。

ライター「A」:毎年あんたが年始の挨拶で使っているやつでしょうが!

デスク「Y」:そんな話は置いといて。さっそく今週の人気記事にいってみましょ~~。

「完全に騎手のミス」「勝ちまであった」矢作師が愛弟子にブチ切れ? 超新星の動向が新ダート三冠路線のカギ? 三冠牝馬リバティアイランド&菊花賞馬ドゥレッツァ! 新王者ドゥラメンテが最有力も…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像2
坂井瑠星騎手 撮影:Ruriko.I

「完全に騎手のミス」「勝ちまであった」矢作師が愛弟子にブチ切れ? C.ルメールと明暗分かれた進路取り…坂井瑠星「自分がうまく捌けていれば」

ライター「A」:ホープフルSで5着に終わったミスタージーティー。騎乗していた坂井瑠星騎手に厳しい目が向けられています。

デスク「Y」:師匠の矢作芳人調教師も「完全に騎手のミスです」と辛口コメントを出していたね。

ライター「A」:でもこれも弟子を思うからこその愛の鞭なんでしょうね。期待していない人にここまできついことは言わないはずです。

デスク「Y」:そうそう。私がスタッフに厳しく言うのもそれなのよ。愛よ、愛。

ライター「A」:どこが愛じゃ。最近はトンチンカンな指摘ばっかりじゃないですか……。僕も含めて、周囲のスタッフから愛想を尽かされていますよ。

デスク「Y」:愛深きゆえに愛におぼれてしまっていたのか。

ライター「A」:どこの聖帝ですか……。そのまま浮上しないでいてください。

「完全に騎手のミス」「勝ちまであった」矢作師が愛弟子にブチ切れ? 超新星の動向が新ダート三冠路線のカギ? 三冠牝馬リバティアイランド&菊花賞馬ドゥレッツァ! 新王者ドゥラメンテが最有力も…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像3
矢作芳人調教師「藤田晋オーナーと協議します」超新星の動向が新ダート三冠路線のカギ? 2024年「ダート革命」がいきなり迎えた分水嶺

ライター「A」:今年からダート三冠路線を軸とした「ダート革命」が始まります。そのカギを握っているのが、昨年の全日本2歳優駿(G1)を7馬身差で圧勝したフォーエバーヤングです。

デスク「Y」:フォーエバーヤングがダート三冠に挑んだら注目度は跳ね上がるからね。海外に行っちゃったら注目度的にはちょっと苦しくなるよね。

ライター「A」:個人的には国内で三冠を目指してもらいたいですが、ドバイなどの高額賞金がかかった海外レースに向かいたいという気持ちもわからなくはないです。

デスク「Y」:悩ましいよねぇ。関係者たちは、なにをどうしても眠れない夜を過ごすことになると思うけども、それはなにがなんでも眠っちゃいけない夜なのかもしれないよ。

ライター「A」:ん?

デスク「Y」:雨降りの夜でも、ちょっと雨宿りするくらいならば、晴れてる街に駆けて行けばいいのさ〜〜〜。

ライター「A」:え? なに言ってんの?

デスク「Y」:ふぉ〜〜〜えっばやんっ♪ あの頃の君にあって〜〜♪ ふぉ〜〜〜えっばやんっ♪ 今の君にないものなんてないさ〜〜〜♪

ライター「A」:突然、竹原ピストルさんの「Forever Young」を歌い出さないでください。同じ名前ってところしか関係ないし!

デスク「Y」:くたびれた、ことばで〜〜〜♪

ライター「A」:続けんな!

「完全に騎手のミス」「勝ちまであった」矢作師が愛弟子にブチ切れ? 超新星の動向が新ダート三冠路線のカギ? 三冠牝馬リバティアイランド&菊花賞馬ドゥレッツァ! 新王者ドゥラメンテが最有力も…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像4
ドゥラメンテ 『競馬つらつら』より

三冠牝馬リバティアイランド&菊花賞馬ドゥレッツァ! 新王者ドゥラメンテが最有力も、ディープの意思を継ぐ者が「噂の黄金世代」で2歳No.1獲得【2024年リーディングサイアーを占う】

ライター「A」:JRAリーディングサイアーランキング(賞金順)に、ドゥラメンテが輝きました。

デスク「Y」:これまでディープインパクトが11年連続で首位を維持していたんだけど、ついに王朝も崩壊。ただ、ドゥラメンテは惜しまれつつも2021年に亡くなっている。今後、熾烈なリーディング争いが繰り広げられるんだろうね。

ライター「A」:ロードカナロア、キズナ、キタサンブラックが有力候補ですかね。

デスク「Y」:海外から日本にはあまり馴染みのない血統を持つ有力種牡馬も入ってきているから、その辺りが急に跳ねることも考えられるよ。なんにせよ楽しみだわ。

ライター「A」:また新しい競馬の楽しみが生まれましたね。

デスク「Y」:そうですね。これからも追い続けますよ。

ライター「A」:さっき、でかい声で歌っていたことを社長に叱られてから急に真面目になりましたね。

デスク「Y」:そういう裏の話をしなくてもいいんだよ。それにしてもなぁ、ちょっと歌ったくらいであんなに怒んなくていいと思わない? ねぇ。

ライター「A」:いや、怒られるでしょ。普通、歌わねぇし。さてさて毎度バカバカしいお話にお付き合いいただき、ありがとうございました。『GJ』では今週末に開催される重賞関連の記事も多数掲載しております。お手すきの際にご笑覧いただけたら幸いです。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「完全に騎手のミス」「勝ちまであった」矢作師が愛弟子にブチ切れ? 超新星の動向が新ダート三冠路線のカギ? 三冠牝馬リバティアイランド&菊花賞馬ドゥレッツァ! 新王者ドゥラメンテが最有力も…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」