GJ > 競馬ニュース > 「承認欲求を満たす場ではないぜ」という意見も…今年も「賛否」が分かれたJRA賞、世界最強馬イクイノックスも三冠牝馬リバティアイランドも満票ならず
NEW

「承認欲求を満たす場ではないぜ」という意見も…今年も「賛否」が分かれたJRA賞、世界最強馬イクイノックスも三冠牝馬リバティアイランドも満票ならず

「承認欲求を満たす場ではないぜ」という意見も…今年も「賛否」が分かれたJRA賞、世界最強馬イクイノックスも三冠牝馬リバティアイランドも満票ならずの画像1
イクイノックス 撮影:Ruriko.I

2023年度JRA賞」受賞馬選考委員会は9日、JRAのホームページにて記者投票の結果を発表。年度代表馬には295票中の293票を獲得したイクイノックスが選出された。

 以下は受賞馬の顔触れでカッコ内は得票数。

年度代表馬     イクイノックス(293)
最優秀2歳牡馬   ジャンタルマンタル(288)
最優秀2歳牝馬   アスコリピチェーノ(163)
最優秀3歳牡馬   タスティエーラ(260)
最優秀3歳牝馬   リバティアイランド(294)
最優秀4歳以上牡馬 イクイノックス(294)
最優秀4歳以上牝馬 ソングライン(275)
最優秀スプリンター ママコチャ(226)
最優秀マイラー   ソングライン(275)
最優秀ダートホース レモンポップ(166)
最優秀障害馬    マイネルグロン(279)

 こうして選出された馬を見てみれば、それなりに説得力のある名前が揃ったことは間違いない。

 票が割れた最優秀2歳牝馬や最優秀ダートホースに関しては、ホープフルS(G1)で牡馬を相手に優勝したレガレイラやドバイワールドC(G1)や東京大賞典(G1)を制したウシュバテソーロがいたため、ある程度予想通りの結果だった。

 その一方で、ネットの掲示板やSNSで話題に上がったのは、やはり満票での受賞がなかった点である。

 年度代表馬としてリバティアイランドに2票、最優秀3歳牝馬にはブレイディヴェーグに1票、最優秀4歳以上牡馬にもドウデュースに1票が投じられていたのだが、こちらについては疑問視する声も出た。

「承認欲求を満たす場ではないぜ」という意見も…今年も「賛否」が分かれたJRA賞、世界最強馬イクイノックスも三冠牝馬リバティアイランドも満票ならずの画像2
リバティアイランド 撮影:Ruriko.I

「年度代表馬はちょっと難しいところですよね。三冠を取ったリバティアイランドは、もし日本ダービー(G1)に出ても、勝ち負けしたのではないかという評価もある馬でしたし、2票を投じた記者の気持ちも多少理解できます。ただ、ドウデュースとブレイディヴェーグの1票については、否定的な意見があったのも無理はない気がしますね。

どちらもG1を勝っていますが、ドウデュースは天皇賞・秋(G1)とジャパンC(G1)でイクイノックスに連敗していますし、ブレイディヴェーグの優勝したエリザベス女王杯(G1)と牝馬三冠を比較すると劣勢は否めません。

もちろん、投票権を持つ記者の趣味嗜好も優先されていいと思いますが、投票したくてもできないファンの心情に配慮すると、大多数の支持が得られる馬に投票すべきと考える声が出ても仕方がなかったように思います」(競馬誌ライター)

 これを同調圧力と捉えるかどうかは見解の分かれるところではあるのだが、実績的に明らかに差のあった2頭を比較する場合には、“空気を読む”ことが必要とする考え方も一理あるだろう。

 フリーアナウンサーの舩山陽司氏が自身のSNSで「かつて投票権のあった者として言いたい事」として「承認欲求を満たす場ではないぜ」と発信した2023年度のJRA賞は、結果的に2007年以来となる満票なしに終わった。

 世界最強馬として無敗のG1・4連勝したイクイノックスや牝馬三冠を達成しただけでなく、ジャパンCでイクイノックス以外に負けなかったリバティアイランドですら満票にならなかったのであれば、納得のいかないファンがいたのも当然だったかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「承認欲求を満たす場ではないぜ」という意見も…今年も「賛否」が分かれたJRA賞、世界最強馬イクイノックスも三冠牝馬リバティアイランドも満票ならずのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】