GJ > 競馬ニュース > 「短期免許初参戦」外国人ジョッキー4名の初週はいかに…J.モレイラ、D.レーンら「代表的騎手」に続けるか
NEW

「短期免許初参戦」外国人ジョッキー4名の初週はいかに…J.モレイラ、D.レーンら「代表的騎手」に続けるか

「短期免許初参戦」外国人ジョッキー4名の初週はいかに…J.モレイラ、D.レーンら「代表的騎手」に続けるかの画像1

 8日に開催されたシンザン記念(G3)は川田将雅騎手の3番人気ノーブルロジャーが優勝。2着にはC.ルメール騎手の1番人気エコロブルームが入線し、2023年のリーディング2位・1位のジョッキーのワンツー決着となった。

 その一方で4番人気ながら13着に惨敗したのが、L.モリス騎手騎乗のナイトスラッガーだ。

 モリス騎手は昨年の12月9日から短期免許で騎乗。有馬記念(G1)では14番人気のウインマリリンを7着に持ってくるなど健闘を見せているものの、8日の騎乗終了時点で(1-1-6-51)、勝率1.6%と苦戦を強いられている。

 モリス騎手の他にも、新春競馬では4人の外国人ジョッキーが新たに参戦した。先週末が初の短期免許での騎乗となったが、以下がその成績である。

◯R.ピーヒュレク騎手(0-3-0-17)
◯A.ルメートル騎手(2-2-1-19)
◯R.キング騎手(2-1-2-7)
◯R.キングスコート騎手(0-1-2-12)

 この中で一際光る成績なのはやはりキング騎手だろう。昨年のワールドオールスタージョッキーズで2位となった同騎手は、キャプテンシーでジュニアC(L)を制覇。さらにはカーバンクルS(OP)ではアビッグチアで15番人気ながら3着の激走を演出し、穴党からの評判も上々。2頭とも積極的な先行策が功を奏しており、この戦法を得意としているようにも見えた。

J.モレイラ、D.レーンの初来日成績

 ちなみにスポット参戦の外国人ジョッキーといえば近年では、代表的な騎手としてJ.モレイラ騎手、D.レーン騎手の名前を挙げるファンも多いだろう。参考までに2名の初短期免許取得時の成績を振り返ってみたい。

「雷神」の異名も持つモレイラ騎手だが、初めて短期免許を取得したのは2016年。8月13~28日の開催6日間での騎乗であったが、27日の札幌12Rから翌28日の札幌2・3・4・6・8・9Rにかけ騎乗機会7連勝を記録。これは2005年9月の武豊騎手と並びJRA最多タイ記録である。この時の成績は(17-12-7-17)で勝率32.1%の大暴れを見せた。

 レーン騎手が初めて短期免許を取得したのは2019年。4月27日~6月23日の約2か月間の騎乗であったが(37-11-18-57)、勝率30.1%の好成績を残している。さらにこの中にはG1・2勝を含む重賞6勝が含まれており、大舞台での活躍が目立っていた。

 一方で現在来日中のジョッキーたちは、やや馬質に恵まれていないとも言えそう。モリス騎手はここ1か月で3番人気以内は4鞍のみ。ピーヒュレク騎手とキングスコート騎手は1番人気の騎乗が1鞍のみである。

 日本競馬への「慣れ」が見込めそうな今週末以降、世界のスーパージョッキーたちの好騎乗を期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「短期免許初参戦」外国人ジョッキー4名の初週はいかに…J.モレイラ、D.レーンら「代表的騎手」に続けるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か