GJ > 競馬ニュース > 復活遂げたG1ジョッキーに「落馬負傷&戒告」のダブルパンチ…クラシックを前に痛恨の戦線離脱
NEW

復活遂げたG1ジョッキーに「落馬負傷&戒告」のダブルパンチ…クラシックを前に痛恨の戦線離脱

【この記事のキーワード】, ,
復活遂げたG1ジョッキーに「落馬負傷&戒告」のダブルパンチ…クラシックを前に痛恨の戦線離脱の画像1
北村宏司騎手 撮影:Ruriko.I

 3日間開催の最後に行われた重賞のシンザン記念(G3)はノーブルロジャーが勝利。中山メインのカーバンクルS(OP)をシュバルツカイザーが勝利し、あとは最終レースを残すのみとなっていたが、この日の最後のレースで痛ましい事故が起こってしまった。

 中山12Rに出走したアーレンダール(牝5歳、美浦・宮田敬介厩舎)が、最後の直線の残り200m付近で転倒し、鞍上の北村宏司騎手が落馬。競走中止となり、同騎手は担架で運ばれる怪我を負ってしまった。

 派手に転倒したように見えたが、JRAによるとアーレンダールの馬体に異状はなかった様子。他の人馬にも影響がなかったのは幸いだったものの、右肩を負傷した北村宏騎手は、しばらく欠場に入る見込み。14日の京成杯(G3)で騎乗予定だったレイデラルースは石橋脩騎手に乗り替わりとなった。

 また、今回の落馬については「最後の直線コースで前の馬に接触した」として、北村宏騎手に戒告の処分がなされた。パトロール映像を見ると、前を走る馬に接触してバランスを崩していたようだ。

 以前の怪我から復調してきた北村宏騎手は、昨年はアスコリピチェーノに騎乗した新潟2歳S(G3)で、5年ぶりにJRA重賞を勝利すると、翌週にノッキングポイントとのコンビで新潟記念(G3)も制覇。年末の阪神ジュベナイルF(G1)をアスコリピチェーノで制したのも記憶に新しい。好結果が続いていただけに残念なアクシデントだった。

 北村宏騎手にとっても、阪神JFはキタサンブラックの菊花賞(G1)以来、8年ぶりのG1制覇。「スタンドを正面にして、良い景色だと思いました」と喜びを語り、さらなる活躍を期待されたが、今年は厳しいスタートになってしまったといえるだろう。

 さらに、転倒したアーレンダールは、重賞勝利に導いた上記2頭と同じサンデーレーシングの所有馬。同じコンビでG1も勝利し、信頼を得たところで招いた事故、という意味でも手痛い。

「2歳女王」とのコンビ継続に一抹の不安

復活遂げたG1ジョッキーに「落馬負傷&戒告」のダブルパンチ…クラシックを前に痛恨の戦線離脱の画像2
アスコリピチェーノ 撮影:Ruriko.I

 特にアスコリピチェーノは、北村宏騎手を背に2連勝を収めている。もちろん今年の桜花賞(G1)でも期待されるコンビだが、それまでには何とか復帰したいところだ。

 もし間に合わなかった場合、新馬戦を勝たせたC.ルメール騎手の騎乗も考えられるが、同じ3歳牝馬ではチェルヴィニアやレガレイラなど、すでに複数のお手馬を抱えている状況。強敵が多いクラシック戦線において、継続騎乗は一つの強みと言えるだけに、今は北村宏騎手の復帰を待つしかないだろう。

 9日に発表されたJRA賞では最優秀2歳牝馬に選出され、世代の上位を担うアスコリピチェーノ。管理する黒岩陽一師も「大きな目標」と語った桜花賞に向けて、パートナーの動向にも注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

復活遂げたG1ジョッキーに「落馬負傷&戒告」のダブルパンチ…クラシックを前に痛恨の戦線離脱のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」