GJ > 競馬ニュース > 【AJCC】古豪ボッケリーニが今年初戦! JRA所属馬「史上3頭目」8歳での平地G1制覇に向けて好レースなるか
NEW

【AJCC】古豪ボッケリーニが今年初戦! JRA所属馬「史上3頭目」8歳での平地G1制覇に向けて好レースなるか

【AJCC】古豪ボッケリーニが今年初戦! JRA所属馬「史上3頭目」8歳での平地G1制覇に向けて好レースなるかの画像1
ボッケリーニ 撮影:Ruriko.I

 昨年12月から始まった中山開催もいよいよフィナーレが近づきつつある。21日には伝統の重賞・アメリカジョッキークラブC(G2・芝2200m)が行われる。

 まだ1月とあって、少頭数で行われることも珍しくないこのレースに、今年は13頭がエントリー。頭数は多くないものの、昨年の紫苑S(G2)を制したモリアーナや中山金杯(G3)の覇者ラーグルフなど、中山競馬場に実績のあるコース巧者が集結した。

 その中でも上位人気を予想されるのが古豪のボッケリーニ(牡8歳、栗東・池江泰寿厩舎)だ。

 息の長い活躍を見せる同馬は今年8歳を迎えたが、前走、前々走と2走連続重賞2着で衰えは見られない。全28戦中で掲示板外に敗れたのは5度のみという堅実派である。

 すでに重賞3勝の実績も持つのだが、メンバーレベルが格段に上がるG1では17着、11着、7着と苦戦。ただ今春は「万全のローテーション」で大舞台に臨めるかもしれない。

JRA所属馬「史上3頭目」8歳でのG1制覇に向けた今年初戦

 2022年の京都大賞典(G2)2着の際に、ボッケリーニを管理する池江師は「兄のラブリーデイと違い間隔を空けながらの方がよさそう」とコメント。兄は2015年の宝塚記念(G1)、天皇賞・秋(G1)を制覇した名馬だが、どちらも前走から中2週のローテーションであり、典型的な「叩き良化型」でもあった。

 対するボッケリーニは兄とは逆に休み明けでもきっちりと実力を発揮できるタイプのようだ。

 ボッケリーニが見据えるのはやはり春のG1戦線だろう。その中でも大阪杯(G1)はもっとも適した舞台と言える。なぜなら大阪杯が施行される阪神芝2000mは、ボッケリーニにとって(1-2-0-0)、連対を外したことのない得意舞台だからだ。

 先述の通り8歳となったボッケリーニだが、所属する池江厩舎の管理馬は近年、ジャンダルムが7歳にしてスプリンターズS(G1)を制覇。またシルヴァーソニックも7歳で海外重賞を制し、ヴェルトライゼンデも6歳で重賞勝利するなど、ベテラン勢の活躍が目立つことも心強い点だ。

 JRA所属馬としてはカンパニー、キンシャサノキセキに続く史上3頭目の8歳での平地G1制覇を目指すためにも、まずは今年初戦の好レースを期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【AJCC】古豪ボッケリーニが今年初戦! JRA所属馬「史上3頭目」8歳での平地G1制覇に向けて好レースなるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」