GJ > 競馬ニュース > 競馬場「公式」アイドルグループ爆誕!? 「廃止ドミノ」を乗り越えた佐賀競馬のPR戦略に注目
NEW

全員20歳以上…競馬場「公式」アイドルグループ爆誕!? 「廃止ドミノ」を乗り越えた佐賀競馬のPR戦略に注目

【この記事のキーワード】, ,

全員20歳以上…競馬場「公式」アイドルグループ爆誕!? 「廃止ドミノ」を乗り越えた佐賀競馬のPR戦略に注目の画像1

「廃止ドミノ」を乗り越え奮闘する地方競馬

 マカオ競馬が4月1日をもって廃止となり、約40年の歴史に幕を閉じることとなった。

 過去には、武豊騎手をはじめ多くの日本人騎手が騎乗してきた。岡部幸雄元騎手と中野省吾騎手によるマカオダービー(G1)制覇や田中正一騎手によるマカオギニーズ(G1)制覇など、日本競馬にとっても縁がある。

 廃止理由は経営難だ。マカオ競馬は数年前から赤字が続いており、運営するマカオジョッキークラブはマカオ政府に対して経営権の解除を申し入れた。マカオと言えばIR(統合型リゾート)のカジノで知られるギャンブルの本場だが、こうして経営難が続けば存続することは難しい。

 かつて日本の地方競馬も経営難により廃止が続出した。特に2001年からの12年間で13場が廃止された勢いは「廃止ドミノ」と表現されるほどだった。原因はバブル崩壊の影響や娯楽の多様化など様々に挙げられている。大井競馬場など人口の多い大都市近郊を除けば、地方競馬場は集客に難儀していた。

 そんな状況を打破したのが12年のインターネット投票開始だ。JRAのIPAT方式を活用したこのシステムの導入をきっかけに全競馬場の売上が上昇。「廃止ドミノ」を止める救世主となった。

公式アイドル爆誕!? 佐賀競馬のPR戦略に注目

 そんな中、奮闘を見せているのが佐賀競馬だ。

 全国で7番目に人口が少ない佐賀県にありながら、過去最高売上を3年連続で更新する好調ぶり。その理由はナイター開催数の増加と、新マスコットキャラクターの発表や佐賀県特産品プレゼントキャンペーンなど斬新なPR戦略が挙げられる。

 特に佐藤哲三元騎手など著名なゲストを招いたイベントやライブ配信が好評。ゲストは競馬関係者だけでなく、プロ野球選手など他スポーツ関係者、アイドル、声優、お笑い芸人、YouTuberなど多岐にわたる。

 そんな佐賀競馬が次なる一手として発表したのが、公式女性アイドルグループ『UMATENA』のデビューだ。

 メンバーは全員20歳以上で人生経験も多様。「大人の青春」というコンセプトも「大人の遊び」である競馬にぴったり。佐賀競馬は公式サイトにて「アイドルや声優を応援する『推し活』がムーブメントとして盛り上がりをみせており、佐賀競馬もこの潮流に乗るべく、今回のプロジェクトを企画しました」と説明している。

 競馬界でアイドルと言えばオグリキャップなどアイドルホースや、最近では女性騎手を指すのが一般的だった。そのため歌って踊れるいわゆる「王道のアイドル」は逆に目立つかもしれない。また芸能事務所所属アイドルの起用ではなく、地方競馬独自で運営するという試みも史上初だ。

「競馬ファンに夢と幸運をもたらす存在」が目標の『UMATENA』。競馬ファンだけでなく、佐賀競馬の経営にも夢と幸運をもたらすことができるか注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

全員20歳以上…競馬場「公式」アイドルグループ爆誕!? 「廃止ドミノ」を乗り越えた佐賀競馬のPR戦略に注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」