GJ > 競馬ニュース > 根岸S、『レモンポップもドライスタウトもいなければ勝ち負け』と鼻息が荒くなった某陣営と急浮上の勝負馬!
NEW

根岸S、『レモンポップもドライスタウトもいなければ勝ち負け』と鼻息が荒くなった某陣営と急浮上の勝負馬!

【この記事のキーワード】, ,
根岸S、『レモンポップもドライスタウトもいなければ勝ち負け』と鼻息が荒くなった某陣営と急浮上の勝負馬!の画像1
昨年のフェブラリーSはレモンポップが快勝したが、今年は王者不在で混戦模様

■フェブラリーSに向けて必見の前哨戦

 2024年の1月中山もあっという間に終わり、今週からは冬の東京開催が始まる。そして開催最終週に行われるのは、今年最初に行われる日本中央競馬会(JRA)のG1レース、冬のダート王決定戦フェブラリーS(G1)だ。昨年はレモンポップが勝利したが、同馬は今年サウジC(G1)への遠征を計画しており、フェブラリーSに出走しない可能性が高い。つまり絶対王者が不在でダートマイル路線は群雄割拠の大混戦。どの馬にもチャンスがあるのだ。

 そのフェブラリーSの前哨戦として最も重要なレースが、今週末に行われる根岸S(G3)。昨年はレモンポップがこのレースを勝利し、フェブラリーSも勝利を決めた。過去にもモズアスコットやノンコノユメなど、根岸SとフェブラリーSを連勝した馬は多い。つまり根岸Sをしっかり分析することは、次のフェブラリーSの攻略にも大きな意味を持つといえるだろう。

 だがこの根岸Sはある事態により急転直下の混戦模様となった。断然の1番人気が見込まれていた今年のフェブラリーS筆頭候補である“ドライスタウトの回避”だ。

 同馬は昨年のフェブラリーS前にレモンポップの主戦でもあった戸崎圭太騎手が、『ドライスタウトの方がレモンポップより上』と評価していたほどの実力馬。結果フェブラリーSは4着に敗退したものの、昨年11月の武蔵野S(G3)でJRAの重賞を初制覇。1年越しのフェブラリーS制覇に向けてファンの注目も大きかった。だが17日の追い切り後に「歩様の乱れ」が判明し、根岸Sの回避が決定したのである。

 もともと今年の根岸Sは出走馬のレベルが高く、ドライスタウトが不在でもタガノビューティー、ヘリオス、シャマル、タイセイサムソン、アルファマム、フルム、サンライズフレイムなどが揃い、フェブラリーSの前哨戦として十分な好メンバー。一方でドライスタウトが回避したことで確固たる中心馬は不在、馬券的にはかなり難解なレースとなったのも事実だ。

 だが最強の競馬関係者が集結した「シンクタンク」によれば、この根岸Sは

『金杯から始まった一獲千金祭りはまだ終わりません。根岸SはフェブラリーSの資金稼ぎにもなる自信の勝負レースですよ!』

 と破格の手応えで挑むという。彼らが語る『金杯から始まった一獲千金祭り』とは何か。そして根岸Sで彼らが掴んだ特別な情報とは何か。その全貌は競馬ファンであれば必見といえるものであった。

「2024年最初の大勝負となった中山金杯(G3)ですが、我々は勝利した5番人気リカンカブールの勝負情報を独自に入手し、各出走馬の状態や思惑、戦略、コース適性などを把握。さらに2着に好走した8番人気ククナ、6番人気3着マイネルクリソーラも含め、推奨馬が上位を独占し、3連単は6万5470円馬券を的中。

 もちろん新年最初の大勝負レースですから、多くのファンの皆様にもお伝えし、実際に数十万円の払戻を獲得いただいた方も多数いらっしゃいました。我々も皆様の期待に応えることができて安心しましたね。

根岸S、『レモンポップもドライスタウトもいなければ勝ち負け』と鼻息が荒くなった某陣営と急浮上の勝負馬!の画像2
払戻36万円!ファンから届いた歓喜の中山金杯的中画像

 それにしても意外だったのが、この中山金杯で1番人気に支持されたエピファニーでしょうか。陣営からはあまりいい感触は届いておらず、『鞍上も合わないし、買うならここよりも次のレース』という本音もあったほど。ですが最終的に1番人気になったのは、やはり年末年始でマスコミの取材体制が不十分だったといって間違いないでしょうね。

 実はその影響はまだ続いています。G1シーズンではないこの時期は、マスコミも取材体制が緩くなっており、多くの取材漏れが見受けられます。この根岸SはフェブラリーSの前哨戦という重要な位置付けにありながら、その状況であることがいかにファンにとってマイナスであるか分かるでしょう。

 ですが、我々シンクタンクが誇る【重賞メイン特捜部】は、中山金杯同様にこのレースでも自信の勝負馬を発見しており、他方面からの裏付けも完了。シンクタンク最高顧問の増沢末夫や平井雄二、安田富男も納得の勝負レースになることが決定しています。

 というのもドライスタウトの回避で鼻息が荒くなった、『レモンポップもドライスタウトもいなければ勝ち負け』と急浮上した某陣営の勝負馬に好走条件が揃っており、中山金杯以上の手応えを感じているからです。つまり中山金杯から始まった新年のお年玉企画、一獲千金祭りはまだ終わらないのです。

 フェブラリーSの資金はもちろん、波乱続きの1月競馬で結果が出なかったファンの皆さんは、是非この情報を参考にして欲しいと思います」(シンクタンク担当者)

 シンクタンクといえば、今年で創業30年を迎える業界屈指のレジェンド集団。そのメンバーは増沢末夫、中野渡清一、平井雄二、安田富男など、実際に競馬界で数々の伝説を残してきた、元JRA調教師や元JRA騎手の本物ばかりだ。そんな本物たちが中山金杯に続く万馬券的中のチャンスと意気込むこの根岸S。これまでの実績、そしてその人材からも、この情報にいかに価値があるかは歴然だ。

根岸S、『レモンポップもドライスタウトもいなければ勝ち負け』と鼻息が荒くなった某陣営と急浮上の勝負馬!の画像3
レジェンド級の元JRA調教師が多数所属するシンクタンク

 そして注目すべきは、シンクタンクはダート重賞に格段の実績を残しており、フェブラリーSは現在3年連続で的中、2023年は東京で行われたすべてのダート重賞を的中。さらに昨年のレパードS(G3)では3連単12万4360円という10万馬券も仕留めている。また根岸Sは過去に万馬券を連発させるなど相性が良く、馬券を買うならシンクタンクの情報は不可欠といえる。

 そんなシンクタンクから、ファンに向けて素晴らしい企画が届いた。なんとシンクタンクが誇る【重賞メイン特捜部】が監修した、根岸Sの【厳選3連単勝負買い目】を無料で公開する特別イベントを実施。シンクタンクが独自に把握した伏兵馬により、中山金杯の6万馬券に続く万馬券も十分に期待できる状況が整った。この情報を入手すれば誰もが一獲千金を実現するチャンスなのである。

 シンクタンクは中山金杯の6万馬券だけでなく、2024年に入っても多くの万馬券を的中と絶好調。創業30周年の勢いもあり、この実績はさらに積み重なっていくことだろう。ならばファンはこのチャンスを逃すことなく活用し、週末の根岸Sでビッグなお宝を手に入れようではないか。

 なおシンクタンクでは、創業30周年を記念した特別イベントや無料コンテンツを随時開催していくとのこと。そのチャンスも逃さぬよう、毎週末はシンクタンクのチェックを欠かさない方がいいだろう。

CLICK→特別無料公開!【根岸S「厳選3連単勝負買い目!」】シンクタンク

※本稿はPR記事です。

根岸S、『レモンポップもドライスタウトもいなければ勝ち負け』と鼻息が荒くなった某陣営と急浮上の勝負馬!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」