GJ > 競馬ニュース > 【シルクロードS】豪脚を武器にダート・芝の両重賞を制したブロードアピール…真逆の道を行くレコードホルダーに期待?【東大式必勝馬券予想】
NEW

【シルクロードS】豪脚を武器にダート・芝の両重賞を制したブロードアピール…真逆の道を行くレコードホルダーに期待?【東大式必勝馬券予想】

【シルクロードS】豪脚を武器にダート・芝の両重賞を制したブロードアピール…真逆の道を行くレコードホルダーに期待?【東大式必勝馬券予想】の画像1

 令和6年のJRAも早や今週末で1回東京、2回京都の開催に替わる。歳を重ねると時の経つのがとにかく早い。冬来たりなば春遠からじ……なんて昔人は呑気だったが、今はあっという間に春のクラシックを通り越して夏競馬、の感だ。

 今年は“災害級の猛暑”対策で新潟競馬では11時30分ごろから15時10分ごろまで「昼休み」を設けるとのこと。いったいその時間、観客はどう過ごせばいいのか?札幌と2場開催だと暇を持て余すなぁ。今から対策に悩んでも早くはない。
 
 現実に戻ると28日には東京で「根岸S」(G3・ダート1400m)、京都で「シルクロードS」(G3・芝1200m)が行われる。どちらもG3ながら前者の1着馬にはフェブラリーS(G1)の優先出走権が与えられ、後者も高松宮記念(G1)の前哨戦として好メンバーが揃う。

 このダート・芝両方の重賞を制したのが1994年生まれの牝馬・ブロードアピール。全13勝中でG3を6勝したダートの名牝ではあるが、テレビ業界ではディープインパクトやオルフェーヴルも敵わない“史上1番人気馬”。私が知る限りでも「マツコ&有吉の怒り新党(テレビ朝日)」で特集が組まれ、「アメトーーク!(テレビ朝日)」~競馬芸人~では麒麟・川島明が一押し、テレビ東京「競馬好き女子会」(配信)では森香澄アナらが大盛り上がり。

 人気の秘密は「思わず快哉を叫ぶ直線一気の追い込み」。まさに♪いならぶ名馬をごぼう抜き(走れマキバオー)マンガのような“奇跡か神がかり”に視聴者はスカッとするのだろう。

 ブロードアピールはデビューでの仕上がりが遅れ4歳(現行表記、以下同)の秋、今の1勝クラス・札幌の芝1200mで初出走し3着。2戦目のダート1000mで勝ち上がり、4戦目から4連勝し重賞でも健闘。6歳となった2月のシルクロードSで武幸四郎を背に不良馬場も問題にせず、後方から直線一気の追い込みを決め初重賞制覇。

 しかし続く高松宮記念8着、マイラーズC(G2)12着と惨敗し陣営は初勝利を挙げたダートを試そうと栗東S(OP・当時)へ。シルクロードSのデジャビュのような大外一気をダートでも決めレコード勝ち。

 その後は芝を4戦するも6、3、4、4着…未練を断ち切らんと当時11月開催、東京ダート1200mの根岸Sに駒を進める。鞍上をシルクロードSの武幸四郎に戻し、直線残り2ハロンまで最後方の戦法。逃げるエイシンサンルイスから20馬身はあっただろうか。

 ところが鬼脚炸裂、「届くか!届くか!? 届いた!!届いた!!差し切り勝ち凄い脚だ!!!」フジ・青嶋達也アナの絶叫とともに上がり34秒3という驚異の末脚で先頭ゴール。芝・ダート重賞同年制覇でミレニアム2000年を飾る。その後も中央・地方のダート短距離G3で4勝を重ね、8歳春のドバイゴールデンシャヒーン(G1)5着を最後に競走生活を終えた。

 繁殖入りしてから14頭の子宝に恵まれ、大物こそ出なかったが12頭が勝利を挙げたのは優秀。4番仔ミスアンコール(父キングカメハメハ)はダービー馬ワグネリアンの母となった。

 つらつら書き連ねたが文章ではブロードアピールの魅力を描き切れない。やっぱり映像だ。皆様もスマホで検索して心からスカッと、“座右の名動画”として頂きたい。

 この辺で「東大馬券王の大よそー」に移ろう。

 まず東の根岸S。昨年はレモンポップが勝ち、フェブラリーS・チャンピオンズC両G1も制して頂点へ駆けあがった。今年は目下4連勝中のサンライズフレイム、強い4歳世代で条件特別を連勝してきたエンペラーワケアの一騎打ちか。東大式鉄則「ダートの連勝馬は止まらない!」どちらかメゲた時の2、3着は確実に突っ込んでくるタガノビューティーでいいだろう。

 西のシルクロードSは去年ナムラクレアが快勝しG1の高松宮記念2着、スプリンターズS(G1)3着と健闘した。彼女と同世代の5歳牡馬オタルエバーが3勝クラス、オープンのリステッドと連勝し挑んできた。本格化とみて本命に推す。2着候補の1番手には世代的に不安はあるが京阪杯(G3)で2着にきた堅実駆け4歳牡馬ルガル。

 個人的にはブロードアピールとは正反対、テイエムスパーダのスカッとする大逃げ切りを見てみたい。登録メンバーで重賞2勝は彼女だけ、しかも芝1200mの日本レコード保持馬。“真逆ブロードアピール”の道を走れ!日曜は私も京都遠征、声をからしてスタンドから声援を送りたい。

尼崎昇

尼崎昇

初めて見たダービー馬はタニノハローモア。伝説的な名馬の走りをリアルタイムで見てきた筋金入りの競馬通は「当たって儲かる予想」がモットー。過去に東京大学で競馬研部長をつとめ、スポーツ新聞やラジオ解説を担当した勝負師の素顔は「隣の晩ごはん」や「おもいッきりテレビ」などの大ヒット番組を手掛けたキー局の敏腕プロデューサー。德光和夫、草野仁ら競馬界の著名人との親交もあり、競馬談義を繰り広げる仲である。

【シルクロードS】豪脚を武器にダート・芝の両重賞を制したブロードアピール…真逆の道を行くレコードホルダーに期待?【東大式必勝馬券予想】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」