GJ > 競馬ニュース > 武豊とのコンビで「6馬身差」ノーステッキ圧勝劇!「終始手応えが楽でした」昨年オークスにも駒を進めた素材に覚醒の予感
NEW

武豊とのコンビで「6馬身差」ノーステッキ圧勝劇!「終始手応えが楽でした」昨年オークスにも駒を進めた素材に覚醒の予感

【この記事のキーワード】, ,
武豊とのコンビで「6馬身差」ノーステッキ圧勝劇!「終始手応えが楽でした」昨年オークスにも駒を進めた素材に覚醒の予感の画像1
武豊騎手

 雨に見舞われた先週の中央競馬。水分を含んだ馬場コンディションで行われた京都開催で、一際大きな存在感を放っていたのが武豊騎手だ。

 土日で計9鞍に騎乗したレジェンドは、4勝2着2回という活躍。重馬場で行われた土曜メインの石清水S(3勝クラス)では、トランキリテとのコンビで道中脚をためると、直線で馬場の外目に持ち出し末脚炸裂。計ったようにゴール前で差し切り、同馬を管理する松永幹夫調教師も「さすが武豊ですね」と手放しで鞍上を褒め称えていた。

 そんな中、レジェンドとのコンビで日曜9Rの北大路特別(2勝クラス)を6馬身差で圧勝したキミノナハマリア(牝4歳、栗東・千田輝彦厩舎)は、今後も覚えておきたい1頭ではないだろうか。

 同馬はここ2戦、同クラスで2着続きだったこともあり、この日は単勝1.9倍という断トツの1番人気。2走ぶりに武豊騎手を鞍上に配してきたことからも、陣営もここは必勝態勢を敷いてきたと見てよかった。

 芝2000mで行われた一戦でキミノナハマリアと武豊騎手のコンビは前半、3番手付近を追走。3コーナーで早くも2番手に進出すると、周りのジョッキーたちが激しく手綱を動かす中、1頭だけ持ったままの手応えで4コーナーを回り最後の直線を向いた。

 武豊騎手が軽く気合を付けた程度で後続をぐんぐん引き離していくと、残り100mからはほとんど流していたにもかかわらず、2着に1秒もの差をつける圧巻のレース内容だった。

オークスに駒を進めた素材が覚醒か

武豊とのコンビで「6馬身差」ノーステッキ圧勝劇!「終始手応えが楽でした」昨年オークスにも駒を進めた素材に覚醒の予感
キミノナハマリア 撮影:Ruriko.I

 武豊騎手はレース後「スタートを五分に出て、終始手応えが楽でした」と話し、「こういう馬場も苦にしないですね」と付け加えていたことから、重馬場というこの日の馬場コンディションが向いたこともあっただろう。

 ただ、勝負どころから抜群の手応えで最後の直線に向かい、ノーステッキで後続をちぎり捨ててしまった走りは、馬場の巧拙はさておき、このクラスでは力が一枚も二枚も抜けた勝ちっぷりのようにも見えた。

「キミノナハマリアは昨年、過去の勝ち馬に二冠牝馬のカワカミプリンセスやエリザベス女王杯(G1)2着のシングウィズジョイなども名を連ねる君子蘭賞(1勝クラス)を勝利。フローラS(G2)でも穴人気となり、オークス(G1)にも駒を進めていました。

早い時期からその素質は評価されていただけに、今回の勝ち方なら、ここにきていよいよ本格化した印象も受けましたね」(競馬誌ライター)

 レース後にはSNSやネット掲示板にファンからも「キミノナハマリア覚醒しすぎでしょ」「恐ろしいほど強かったな」「ハマれば重賞狙える器だと思う」という同馬に対する称賛のコメントが多く寄せられていた。

 この日の競馬を見る限りだと、コンビで連対率100%である武豊騎手とも非常に手が合っているのではないか。継続騎乗となればこのコンビが今後、牝馬路線を盛り上げてくれそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊とのコンビで「6馬身差」ノーステッキ圧勝劇!「終始手応えが楽でした」昨年オークスにも駒を進めた素材に覚醒の予感のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」