GJ > 競馬ニュース > 関東の若手が「出稼ぎ先」で予想外の受難!? ライバルが710万馬券演出の裏で…昨年ブレイクの注目株も未だ1勝の大苦戦
NEW

関東の若手が「出稼ぎ先」で予想外の受難!? ライバルが710万馬券演出の裏で…昨年ブレイクの注目株も未だ1勝の大苦戦

【この記事のキーワード】, ,
関東の若手が「出稼ぎ先」で予想外の受難!? ライバルが710万馬券演出の裏で…昨年ブレイクの注目株も未だ1勝の大苦戦の画像1
撮影:Ruriko.I

 中山、京都の開催から1週遅い13日から開幕した小倉競馬。3月3日までしばらく開催が続く中で、重賞レースは既に行われた愛知杯(G3)を除くと、2月18日に行われるフェブラリーS(G1)の裏開催にあたる小倉大賞典(G3)のみ。トップジョッキーの多くは重賞が開催される東京や京都で騎乗するため、小倉は中堅や若手が切磋琢磨するには好都合だ。

 近年、若手騎手が重賞を勝つケースも増えてきたが、彼らもこういったローカル開催で頭角を現した結果、関係者の信頼を得てチャンスをもらえるようになった。そういう意味でも今後の飛躍を目指す騎手たちにとって、騎乗馬を確保しやすい裏開催は、自身の存在をアピールする絶好の場となっている。

 ただ、今年の場合は例年とは少し違っていたようで、小倉に参戦しながらも騎乗馬の確保に苦心している騎手が多いらしい。現場の話によると、どうやら騎手が飽和状態にあるようで、騎乗馬を求めて小倉にいるにもかかわらず、チャンスが減っているというのだ。

騎乗馬を求めて参戦したはずの小倉だが……

「今年の小倉はちょっとした異変が起きている印象です。多い時では障害騎手を含めて50人前後もいますし、その関係で検量室などでは常にごった返しています。その一因となっていると思われるのが、鮫島克駿騎手や丹内祐次騎手、藤岡佑介・康太騎手ら中堅やベテラン勢の存在です。

メイン開催では少し頼りない印象のある彼らですが、リーディング上位の騎手が不在の小倉なら若手騎手よりは一枚上手。当然ながら小倉で成績上位を占めており、若手騎手が目立っていない状況です。昨年ブレイクした佐々木大輔騎手も参戦していますが、騎乗数こそ集まっても馬質が伴っておらず、未だに1勝と低迷しています」(競馬記者)

 名前を売りたい若手からすれば、チャンスを求めて小倉に来たにもかかわらず、勝ち負けを期待出来そうな馬に乗れないのでは成績アップは望めない。少しくらい上手くなっても勝つためには馬の力が大半を占めるからだ。

 その一方で、とある関東の若手からは次のような愚痴も聞かれた。

「もう少し乗せてもらえると思ったのですが、騎手が多過ぎて騎乗依頼が来ません。関西馬が中心の小倉ということもあって、各陣営も同じ若手なら関東よりも関西の若手を優先する風潮があるので余計に厳しいですね。

逆に中山では減量騎手が少なくて小林勝太騎手に依頼が集まり、結果も残し始めたので早めに切り上げて美浦に戻ろうかと考えています」(関東の若手騎手)

ライバルの活躍に焦りも?

 先述の佐々木騎手のように、まだ騎乗馬がいるならチャンスは訪れるものの、騎乗馬のいない騎手はアピールしようがない。それならいっそ中山や東京で乗った方が、アウェーの関西圏よりは乗鞍の増加を期待できるということだろう。

 名前の出た小林勝騎手は、20日の中山8Rを10番人気で勝利した。2着に13番人気、3着にも11番人気が入り、3連単の払戻が710万馬券となったことでも大きな話題を呼んだばかり。

 騎乗馬を求めて小倉まで“出稼ぎ”に来た結果、チャンスが乏しいどころか関東に残ったライバルに活躍されたのでは意味がない。腐らずに実績を積み重ねていけば、ブレイク中の田口貫太騎手のように、重賞で騎乗する機会も訪れるはずだ。

 まだまだ残る小倉開催。若手騎手にとっては死活問題となるだけに、こういった状況が続くようなら、ローカルに拘らなくてもいいのかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

関東の若手が「出稼ぎ先」で予想外の受難!? ライバルが710万馬券演出の裏で…昨年ブレイクの注目株も未だ1勝の大苦戦のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」