GJ > 競馬ニュース > 「勝ち馬は違うレベル」C.ルメールも思わず脱帽…川田将雅×中内田充正の黄金コンビ「6戦5勝」の遅れてきた大物が出世レースを好タイムV!
NEW

「勝ち馬は違うレベル」C.ルメールも思わず脱帽…川田将雅×中内田充正の黄金コンビ「6戦5勝」の遅れてきた大物が出世レースを好タイムV!

【この記事のキーワード】, ,
「勝ち馬は違うレベル」C.ルメールも思わず脱帽…川田将雅×中内田充正の黄金コンビ「6戦5勝」の遅れてきた大物が出世レースを好タイムV!の画像1
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 27日、東京競馬場で行われた芝2000mの白富士S(L)は、馬群を割って抜け出した1番人気ロードデルレイ(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)が単勝1.4倍の圧倒的支持に応えて優勝した。

「前走より内容のある競馬ができました」

 騎乗した川田将雅騎手がレース後にそう振り返った一戦。人馬が初コンビを組んだ前走ウェルカムS(3勝クラス)は、6番手の外目につけて抜け出す競馬だったが、この日は打って変わって後方のインコースでじっくり脚を溜めての競馬となる。

 レースはパクスオトマニカが1000m通過59秒4の平均ペースで逃げる展開。目下のライバルであったC.ルメール騎手の2番人気バトルボーンが絶好の3番手を進み、ロードデルレイは後方待機のまま最後の直線に入った。

 バトルボーンが満を持して抜け出そうとするところを、ロードデルレイは馬群を縫うように割って伸びて、残り1ハロンで交わし去って先頭へ。最後はバトルボーンに半馬身差をつけてフィニッシュした。

「バトルボーンは一昨年に4連勝を遂げた実力馬であり、また好位から上がり33秒9の脚で伸びていたのですが、それを後方から33秒2で差し切ったロードデルレイの末脚は凄すぎました。レース後にはルメール騎手も『勝ち馬は違うレベルかもしれない』と思わず脱帽のコメントを残していましたよ。

なお勝ったロードデルレイは父ロードカナロア、母デルフィーノ、祖母レディアーティスト、曾祖母レディバラードがすべてロードホースクラブ所属という名門ゆかりの血統。ケイアイファーム出身で川田騎手と中内田厩舎のコンビであることから、個人的にはダノンプレミアムともイメージが重なりましたね」(競馬誌ライター)

「勝ち馬は違うレベル」C.ルメールも思わず脱帽…川田将雅×中内田充正の黄金コンビ「6戦5勝」の遅れてきた大物が出世レースを好タイムV!
C.ルメール騎手

遅れてきた大物が出世レースを好タイムV

 昇級初戦も難なく白星を決め、これで通算成績を6戦5勝としたロードデルレイ。唯一の黒星である芝2400mの神戸新聞杯(G2)でも勝ち馬とはわずか0秒1差。しかも騎乗した坂井瑠星騎手がレース後「ベストはもう少し短い距離かな」と、やや適性外であったことを話していた。

 なお白富士Sは過去3年間で勝利したポタジェ、ジャックドールが、後に大阪杯(G1)を制してG1ホースとなったことから、近年は出世レースとしても注目を集めている。

 今回ロードデルレイがマークした勝ちタイムの1分57秒2は、一昨年の覇者ジャックドールのそれを0秒2上回るもの。東京・芝2000mの歴代勝ち時計としてもウオッカ、カンパニーが勝った天皇賞・秋(G1)などと並び史上5位タイだったのだから、この先が非常に楽しみになったと言えそうだ。

「より良く次に繋がっていくと思います」

 中身のある競馬でロードデルレイを連勝に導いた川田騎手の視線は早くも次に向けられている。遅れてきた大物の次戦を楽しみにしたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「勝ち馬は違うレベル」C.ルメールも思わず脱帽…川田将雅×中内田充正の黄金コンビ「6戦5勝」の遅れてきた大物が出世レースを好タイムV!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」