GJ > 競馬ニュース > 川田将雅「重賞に手が届いて当然」西村淳也「見ての通り強かった」の絶賛! G1候補に名乗りもレースレベルは疑問…注目すべきは馬よりも調教師?
NEW

川田将雅「重賞に手が届いて当然」西村淳也「見ての通り強かった」の絶賛! G1候補に名乗りもレースレベルは疑問…注目すべきは馬よりも調教師?

【この記事のキーワード】, ,

川田将雅「重賞に手が届いて当然」西村淳也「見ての通り強かった」の絶賛! G1候補に名乗りもレースレベルは疑問…注目すべきは馬よりも調教師?の画像1

 28日の京都競馬場ではシルクロードS(G3)をルガル、東京競馬場では根岸S(G3)をエンペラーワケアがそれぞれ勝利した。

 前者は抜けた馬が不在で混戦模様となっているスプリント戦線、後者はサウジC(G1)の超高額な賞金を前にメンバーレベルの低下を危惧されている状況において、新たなスターの登場が望まれているレースだった。

 そういった意味合いでは、シルクロードSのルガルは2着アグリに3馬身、根岸Sのエンペラーワケアは2着アームズレインに2馬身半の差をつけて楽勝したのだから、見た目のパフォーマンスとしては期待に応える走りだったのかもしれない。

G1馬候補と期待された2頭もレースレベルには疑問?

 その一方で、この勝利のみで両馬が本番の高松宮記念(G1)やフェブラリーS(G1)に歩を進めた際、大本命と呼べるほど絶対的な存在となったのかというと、必ずしもそうとは言い切れないだろう。

 まず、シルクロードSを制したルガルだが、騎乗した西村淳也騎手も「見ての通り強かったです」「最後はまだ遊んでいるようなしぐさ」「順調に行けば次のG1という舞台でまた活躍してくれると思います」と大絶賛した。

 とはいえ、負かした相手は近走の重賞で勝ち切れない競馬が続くアグリ、3着も富士S(G2)で6着だったエターナルタイムで勝ち時計も1分7秒7に留まった。時計面では例年レベルであり、本レースをステップにG1勝ちを決めたのも、過去10年でファインニードル1頭しかいない点も気になった。

 本馬自身もスワンS(G2)を4着、京阪杯(G3)を2着に敗れた臨戦過程での重賞初勝利。前走でトウシンマカオに2馬身差の完敗を喫しているだけに、今回の勝利が本格化の兆しだったのかどうかは、次走を見てからでも遅くはなさそうだ。

 明け4歳世代ということもあり、著しい成長の結果ということなら、これから先もまだまだ楽しみを持てるか。

 こちらについては、根岸Sを圧勝したエンペラーワケアについても同様のことが言えるだろう。

 勝利に導いた川田将雅騎手は、3連勝で初重賞勝ちを決めたダートの素質馬を「完勝だったと思います」「本当に素晴らしい馬」「重賞に手が届いて当然」「これから先もますます楽しみな馬」と褒めちぎっていたが、勝ちタイムの1分24秒1(良)は相当遅い。

 これは2001年からの根岸S史上最も遅い勝ちタイム。出走していれば本命視されていたドライスタウトが回避していたこともあり、圧勝したレースの見た目はともかくとして、タイム的には大きな不満が残った。ちなみに昨年の同レース勝ち馬レモンポップは、これを大幅に上回る1分22秒5(良)で走破している。

 もちろん、このようなレースレベルへの疑問を払拭するような活躍をしてくれることを願っているのだが、2頭を管理している杉山晴紀調教師の躍進ぶりは特筆すべきである。近3年で11位→4位→1位と成績を伸ばし、昨年の全国リーディングトレーナーを手に入れた手腕にますます磨きが掛かった。

 また、同日に管理馬が東西の重賞を制覇した例は、昨年12月に阪神のチャレンジC(G3)をベラジオオペラ、中山のステイヤーズS(G2)をアイアンバローズで制した上村洋行調教師に続く快挙。その上村師も近3年で47位→24位→7位と順調に成績を伸ばしている調教師である。

 先週の開催終了時点で8勝の杉山晴師が1位、6勝の上村師が2位と絶好調。今後の重賞でも彼らの管理馬が出走してくるようなら注意が必要だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

川田将雅「重賞に手が届いて当然」西村淳也「見ての通り強かった」の絶賛! G1候補に名乗りもレースレベルは疑問…注目すべきは馬よりも調教師?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」