GJ > 競馬ニュース > 藤田菜七子「37連敗」遠い2024年初白星、来月には「後輩女性騎手」がデビューも…今週末は期待馬スタンバイでチャンスあり?
NEW

藤田菜七子「37連敗」遠い2024年初白星、来月には「後輩女性騎手」がデビューも…今週末は期待馬スタンバイでチャンスあり?

【この記事のキーワード】, ,
藤田菜七子「37連敗」遠い2024年初白星、来月には「後輩女性騎手」がデビューも…今週末は期待馬スタンバイでチャンスあり?の画像1
撮影:Ruriko.I

 2024年度の新規騎手免許の合格者である8名が先日、JRAから発表された。中でも注目の1人が紅一点となる大江原比呂騎手だろう。

 史上13人目のJRA女性騎手として来月にデビューを控える大江原比騎手は、父の大江原勝氏が美浦・蛯名正義厩舎に所属する現役の調教助手。祖父が重賞ウイナーのタケミカヅチなどを管理した大江原哲元調教師で、大江原圭騎手が父のいとこにあたる。

 競馬一家出身の大江原比騎手は、留年という苦い経験を味わったものの、無事に騎手としてのスタートラインに立つことができて、まずはほっとした様子。美浦の武市康男厩舎所属で、目標にする騎手は内田博幸騎手とのこと。「多くの関係者から信頼され乗せたいと思われる騎手になりたい」と抱負を語っており、勝ちたいレースは日本ダービー(G1)のようだ。

藤田菜七子「37連敗」遠い2024年初白星、来月には「後輩女性騎手」がデビューも…今週末は期待馬スタンバイでチャンスあり?の画像2
藤田菜七子騎手

 その一方、同じ関東所属の女性騎手で、今年キャリア9年目を迎えた藤田菜七子騎手は、ここまで白星なしとやや苦戦を強いられている。

 これまでJRA女性騎手として初となる重賞制覇、通算100勝など金字塔を打ち立ててきた。2024年の初騎乗となった先月6日の中山3R、騎乗馬のソウテンノヒカリは1番人気の支持。幸先の良いスタートを切るチャンスだったが、11着に敗れると、その後もなかなか勝ち星を挙げられず、気づけば今年37連敗となっている。

 なお今年に入ってからのJRA女性騎手は、小林美駒騎手がここまで4勝を挙げる活躍。永島まなみ騎手が3勝、今村聖奈騎手もすでに白星を挙げているだけに、先輩であり最年長となる藤田騎手もそろそろ勝ち星を手にしたいところだろう。

今週末は初白星のチャンスか

「なかなか初勝利を挙げられない藤田騎手ですが、ここまで2着1回3着3回と惜しいレースもあることから、決して乗れていないわけではないと思います。

今週は土日合わせて計10鞍に騎乗予定。中でも日曜小倉6Rの3歳未勝利に出走するコスモララバイは、前走も藤田騎手が手綱を取り僅差の3着に好走。ここまでの3戦ですべて4着以内といつ順番が来てもおかしくないことから、ここは初白星を挙げるチャンスでしょう。

また土曜は東京で騎乗を予定しており、2Rの新馬に出走するビーチパトロール産駒のチャコールアニー、6Rのジャジャウマアスクも面白そうな馬です」(競馬誌ライター)

 ちなみに先述の大江原比騎手は、中学1年生のときに当時JRAで唯一の女性騎手として活躍した藤田騎手の姿を見てジョッキーを志したという。果たして後輩の手本になるような手綱さばきで、今年の初白星を掴み取ることができるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

藤田菜七子「37連敗」遠い2024年初白星、来月には「後輩女性騎手」がデビューも…今週末は期待馬スタンバイでチャンスあり?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  2. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 永島まなみ「ゴルシワープ」で単勝115.6倍完勝に絶賛の嵐! スウィープフィート武豊に乗り替わりで勝たれるも…翌日最初のレースで超人気薄と大仕事
  5. 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
  6. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. 【中山牝馬S(G3)展望】昨年はスルーセブンシーズがここから飛躍! 「今年のC.ルメール」は国枝栄厩舎×ゴドルフィンの遅れてきた好素材