GJ > 競馬ニュース > 話題の大穴男・原優介「単勝105.6倍」で2024年初仕事!フェブラリーS(G1)ウィルソンテソーロとのコンビ継続を希望する声も
NEW

話題の大穴男・原優介「単勝105.6倍」で2024年初仕事!フェブラリーS(G1)ウィルソンテソーロとのコンビ継続を希望する声も

【この記事のキーワード】, ,
話題の大穴男・原優介「単勝105.6倍」で2024年初仕事!フェブラリーS(G1)ウィルソンテソーロとのコンビ継続を希望する声もの画像1
原優介騎手

 10日、東京2Rに行われた新馬戦は、単勝105.6倍の超人気薄カフェニクス(牝3歳、美浦・中舘英二厩舎)が優勝。手綱を取ったのは先週、落馬負傷のため乗り替わりとなっていた原優介騎手だ。

 今、「乗れる穴ジョッキー」として穴党のファンから熱い視線を集めている23歳の若武者は昨年7月、単勝326.2倍の超穴馬ボールドトップで1着となり、JRAの枠連最高配当も53年ぶりに更新。その後も単勝万馬券級の人気薄でたびたび馬券に絡んで高配当を演出し続けた。

 そして極めつけは、やはり昨年12月のチャンピオンズC(G1)で12番人気のウィルソンテソーロを2着に導いたことだろう。190万馬券を演出し、その名はもはや全国区になりつつある。

 年間55勝、重賞2勝を目標に掲げた今年は1月に4勝を挙げるなど順風満帆に思えたが、先述の通り先週土曜に落馬。腰部打撲と左足の負傷と診断され、その後は日曜も含め全レースで乗り替わりとなってしまう。

 さらに18日に開催されるフェブラリーS(G1)ではウィルソンテソーロの手綱を取る予定だったが、松山弘平騎手に乗り替わりが発表されてしまった。

 ただ幸いにも原騎手の怪我は大事に至らなかったようで、今週は土日で計14鞍に騎乗予定。単勝105.6倍の超大穴を開けたのは復帰2戦目だった。

「ややスタートで遅れたものの、焦ることなくカフェニクスをリカバリーさせた原騎手の騎乗は見事でした。このレースを見る限り、先週落馬した影響はほとんどないようにも見えましたね」(競馬誌ライター)

ウィルソンテソーロへの騎乗を希望する声も?

 レース後には怪我から復帰して白星を挙げた原騎手に対し、SNSやネット掲示板でも「原くん復帰初勝利おめでとう!」「穴騎手らしくド派手に決めたな」「見事な手綱さばきでした」と祝福と称賛のコメントが多く寄せられることに。

 さらに「これならフェブラリーSも全然いけるのでは」「ウィルソンテソーロに継続して乗って欲しい」と来週のダートG1でも騎乗を希望する声もあった。ちなみに今回のレースで2着に退けたアピーリングルックに騎乗していたのは、奇しくもフェブラリーSでウィルソンテソーロの手綱を譲った松山騎手であった。

「レース後には原騎手も『違和感はないです』『騎乗には問題ない』と話していましたが、ウィルソンテソーロはG1で有力馬の1頭であることもあり、陣営は大事を取って早めに代役を選んだのでしょう。

似たようなケースとして2017年、マイルCS(G1)でエアスピネルに騎乗を予定していた武豊騎手が前週の調教で落馬。レース週には復帰を果たしたものの、陣営が万全ではないと判断してかR.ムーア騎手に乗り替わりに。また2021年には同じく武豊騎手が骨折から復帰していましたが、天皇賞・春(G1)のワールドプレミアが福永祐一元騎手にスイッチした例もありました」(同)

 フェブラリーSは悔しい乗り替わりとなりそうだが、成長著しい若武者・原騎手であれば、そう遠くないうちにビッグレースで再びチャンスが巡ってくるに違いない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

話題の大穴男・原優介「単勝105.6倍」で2024年初仕事!フェブラリーS(G1)ウィルソンテソーロとのコンビ継続を希望する声ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  2. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 永島まなみ「ゴルシワープ」で単勝115.6倍完勝に絶賛の嵐! スウィープフィート武豊に乗り替わりで勝たれるも…翌日最初のレースで超人気薄と大仕事
  5. 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
  6. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. 【中山牝馬S(G3)展望】昨年はスルーセブンシーズがここから飛躍! 「今年のC.ルメール」は国枝栄厩舎×ゴドルフィンの遅れてきた好素材